仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

3ヶ月で体重5kg減らして体脂肪率6%落とした自分にご褒美の週末

ダイエットネタばかりですまん。
私、貧乏人のくせに今日は豪遊したのでございます。

まず、いきつけの高級ヘアサロンにてカット。ウエストきゅっと締まったスカートを履いていったら褒められたので、「実はカロリー制限とランニングで痩せたんです」という話をしたらすっごい美容師さんに褒めらた。むふふ、いい気分。
昼食は元ダイエーのイオンへ。食品売り場でしゅうまいでも買おうと思ったら小さいわりに高カロリー。にしんの塩焼きがうまそうなんで買い、フードコートでタピオカドリンク買って、持参したキャベツせんぎりと切り干し大根、とともに食べる。

次に藤崎の高級ランジェリーショップへ。手持ちの下着がみんなよれよれなのと、痩せてサイズが変わったので、二度と太らないよう思い切っていいのを買うことにした。理想的な素敵なのがみつかり、購入。うふふふふ、銭湯の鏡でこれ見たら自分でうっとりしそう。ああ、銭湯行きたい。今度銭湯ランだな。
サイズデータを記入したカードを渡されるが、ウエストのサイズに信じられない値があった。夢のようだ。私も普通の女性の腹回りになったんだ。嬉しくて仕方がない。

そのあとツルハでビタミンCと愛用おやつ玄米ブランが激安だったので購入。

タリーズでコーヒー。隣の席が婚活パーティー帰りの女性バツイチ二人組。ろくな男がいないトークしてて、あーってかんじ。一生婚活してろ。

仙台駅に行ってSuicaチャージ。寄った「みやぎ食材王国」にぎばさが売っていたので大喜びして買う。バスで帰宅。

夜は息子のリクエストに答えて揚げ物。ちょっとだけ食べた。今日はランニングおやすみ。明日からまたがんばろう。

幸せな日であった。
街中に行くと、ショーウィンドウに自分が映る。いつもより上を向いて歩く。痩せても人は気付かないし、太ってても人は気付かない。結局、データと、自分の評価。

二週間に一度、夢グルメ

ダイエット、開始から164日なので経過報告です。
f:id:monyakata:20170213204536p:plain
1/25は節目の日。無事目標体重になったので、その日は我慢していたものを食べまくりました。ふははははは!

自作お好み焼き。キムチとチーズのせ。マヨネーズもかけまくり。
f:id:monyakata:20170213154724j:plain

続きを読む

「世界の経営学者はいま何を考えているのか」入山章栄

この本とっても面白かったので、自営業やってる人や起業したい人やコワーキングスペースやってる人は読むといいと思う。実はだいぶ前に借りて感銘を受けてレビュー書こうと思ってうまくまとまんなくてまた借りて、またまとまんないまま返して、ブログも保留してたけど、最近この本の内容にあるようなことがけっこう周囲で話題になってるように思うのでまとまらないまま公開してみる。
今本が手元にないので一部内容が心もとないです、ご容赦ください。

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア

「経済学」じゃなくて「経営学」。日本では圧倒的に経営学の研究者は少ないのだそうだ。なので馴染みがないかも。著者は現在早稲田大学ビジネススクールに在籍している入山章栄氏。この本を書いた時は海外のビジネススクールのアシスタントプロフェッサーだった。

なんでこの本を読んだかというと「地域再生の失敗学」で入山章栄氏の言っていることが面白かったので著書を読んでみたくなったから。
monyakata.hatenadiary.jp

この本ではがっちり統計に基づいた「経営学」の知見を、わかりやすく、時折著者の「所感ですが」のコメント付きで具体例を出しながら解説してくれている。人気のドラッカーとか、特定の会社・ケースの例だけで「こうすれば儲かる!」みたいなのとはかなり違う。自前で事業をやっている人には、ヒントになりそうなネタがたくさん入ってると思います。
「トランザクティブ・メモリー」の存在とか、なんかワクワクしますね。
「弱いつながり」の方が情報伝達が効率的だ、なんていう話も、非常に興味深いです。

さて、コワーキングスペース運営者として特にピンときたポイント。
1つは、「ストラクチュアルホール」。
これは何かというと、いわゆる「人間ハブ」のはなしだ。 
例えば、AさんとBさんが居て、お互い知り合いじゃない。でも共通の知り合いであるCさんがいる。
Aさんがあることで困っている。それを助けられるBさんという人がいることを、Cさんだけが知っている。この時、CさんはAさんとBさんを仲介することでビジネスになる。このAさんとBさんの隙間のある状態をストラクチュアルホールというそうだ。
まぁ、よく、ありますよね。そうやって人をつなげられ役に立つと、嬉しくなりますよね。
CさんはAさんBさんのような繋がっていない人たち(またはつながっていないグループ)をたくさん知っていれば知ってるほど、利益を得られる。
で、Cさんが恐れることは、AさんとBさんが知り合いになり、ストラクチュアルホールがなくなること。そうすればCさんは仲介する必要がなくなるからビジネスがもうできなくなる。
……えっ。
ここで私は、えっと思ったわけです。
なぜなら、自分を含む、コワーキングスペース(の、運営者)というのは、自分がCさん的立場であるにもかかわらず、ストラクチュアルホールを埋める行為ばっかりしているから。「あ、こんな人いるよー、直接連絡してみて」と。仲介者の利益はドロップイン利用料くらいだろうか。
なんと、私のやっていることは間違いなのか。いや、私じゃなくてもみんなやってると思うが。
そしてなんとなく思い当たる。私の知らないところで利用者さんどうし一緒にいろいろやっている事例があって、それはいいことだなぁと思っていたんだけど、そこにノラヤはもう必要ないんですよね。
もしここが東京ならば。人は嫌になるほどたくさんいるし次から次へとやってくる。人同士をつなげる場所を求め、コワーキングスペースに行く。つなげる場所として安定の地位を築くコワーキングスペースは、継続的に利益を得ることができる。
だけど、地方は人が少ない。仙台では、知り合いの知り合いはたいてい知り合いだ。つながり尽くした状態に簡単に至ってしまわないだろうか。
「私がBさんと知り合いになれたのがここだから」という情緒的理由でコワーキングスペースを利用してくれるほど、みんな余裕ないよね。そう、地方の人は疲弊していて余裕がない。というか、交流に重きをおかない。クローズドなネットワークができてしまったら、あ、もうその中で回してしまえばいいやと思ってしまう。
こういうことに気づいたからといって、じゃぁどうしたらいいかはすぐ思いつかないけど、なんというかハッとしたキーワードだった、「ストラクチュアルホール」。

ピンと来た点2つ目は、企業買収の効果。ある企業が他の企業を買収したあと、その企業は成長したのか?買収はその企業にとって良かったのか?というのを調べたところ、業種によって差が出たのだ。
イノベーションを重視する最先端の業種のほうが、他企業を買収することでより大きく成長できるそうだ。
それはつまり、イノベーションを起こすには多様な視点が必要である。一つの大きい企業としてある程度やってきていると、中だけで完結しちゃって見方考え方が均一になってしまう。そこで、新しい風を入れることで新たな視点や考え方が生まれ、化学反応が起きイノベーションが起き、結果的に企業の成長につながるということだ。
なんか、聞いた事のある話だ。コワーキングについて、似たようなメリットが語られる。
今、いろいろな企業が社内コワーキングスペースを作って、それを一般にも公開している。Yahoo!とかワコールとか、英和システムマネジメントとか。無料で使えるところもある。これは、買収しなくても、コワーキングスペースを作ることによって、多様な人に来てもらって、社内の人とも交流してもらうことによって、イノベーションの種を蒔いてほしいからではないだろうか。ハッカソンでもLT大会でも勉強会でもいいし、会場となるコワーキングスペースの運営企業の人とコワーカーが混ざってなにか考えたりともに学んだり、なにか解決しようとしたら、社内だけで同じ事をするより絶対面白いものができると思う。
まーでも、オープンなスペースを運営すると来る人は玉石混交でそれなりに大変なので、ぜひとも運営にあたっては既存コワーキングスペース運営者にアドバイスをもらうとかスーパバイザーになってもらうとか、既存コワーキングスペースで店番修行するとかしてくれたら、もっと面白いのにな、と思う。

まとまらないまま投げてしまいますが、他にも面白い話題がたくさんなので、ぜひ読んでみてください!

堺雅人さんのエッセイが面白い

気になる俳優さんのひとり、堺雅人さん。半沢直樹やリーガルハイで息子がファンになり、私も堺雅人さん出演作品をあさってDVDを借りてきている。(の、わりには、真田丸は見ていなかった。そのうち借りてくることだろう)
堺雅人さんのエッセイがあるというので借りて読んでみた。そうしたら想定外に面白かったので2冊めも借りた。2冊目のほうがもっとおもしろかった。

文・堺雅人

文・堺雅人

文・堺雅人2 すこやかな日々

文・堺雅人2 すこやかな日々

俳優さんのオフのゆるい日常、笑えるネタなどをちりばめたふつうのエッセイかと思ったら、ぜんんっっぜん違った。真面目に、仕事に、つまり演じることに密着しひとすじに向き合う話だった。
俳優さんってこういう仕事のしかたするんだ。与えられた役を考えて、背景を本で調べ、関連知識を仕入れるためにさまざまな場所へ足を運ぶ。すごいなぁ。うわー、本当にたいへん。体重も増やしたり減らしたりするし。タバコも吸ったりすわなかったりするし。
その役を演じたドラマなり映画なり映像作品を見た、視聴者の我々が受ける印象と、演じる側の堺さんの役への印象が、少しずれていたりするのも、おもしろい。
気負わず、さらりと書いているけど、ひらがなの使い方とか、言葉の選び方とか、なんか、いいなぁ、品があるなぁと思える文。ちょっと椎名誠っぽさも感じる。
次から次へと演じる役に対して真摯であり、謙虚であり、読んでいるこっちは、へぇ、あの役やってるときこういうことを考えていたんだぁ!と、その裏をのぞかせてもらえるのが、とても驚きで新鮮。
2冊めの最初は、仙台人は必見。あぶらあげ食べたくなる。

文庫版は長嶋有との対談があるらしいから、買おうかな。

文・堺雅人 (文春文庫)

文・堺雅人 (文春文庫)

負け続ける女を、脱したい

f:id:monyakata:20170120214055j:plain
ダイエットの話を書いてから10日経ったのでまた書いてみる。
ダイエット開始してから115日、体重は3.6kg減り、体脂肪率は5%減った。
そして次なる目標の日が5日後に迫った。

やばい。

1ヶ月前の目標よりずっと達成可能な値を設定したはずなのに、またも「あと1kg」の状態になってしまったのだ。

続きを読む

まんが:「行かなきゃ!!温泉」を公開しました

note.muで、趣味でちまちまと描いていたまんが「行かなきゃ!!温泉」を公開しました。GWに一泊で山形庄内方面往復でキャンプツーリングしたときのレポートです。

使用したツールはCLIP STUDIO PAINT(以下クリスタ)です。
www.clip-studio.com

まともにクリスタでまんがを描くのは、はじめてでした。機能がいっぱいありすぎて、1ページごとに描き方が変わってます。いろんな描き方ができてしまいます。
クリスタのすごいところは、使ってきて慣れてきて、「こんな機能があったらいいのに」「紙ではできたこういうこと、どうやるんだろう」と検索するとサポート掲示板がひっかかってきて、欲しい機能がだいたい実装済みとわかるところです。かゆいところに手が届く!というのを実感しました。使い方もたくさんの先人が描いて公開しているので悩むことはありません。こんなに高機能なのにクラウド版は月500円です。安すぎない?と正直思います。

カラーは大変なので、モノクロで、大昔に紙に描いていたやりかたをそのまんまで描きました。正直、ちょっと失敗でした。トーンを重ねたり角度変えたり模様変えたり(といっても砂目と万線くらいですが)して効果を狙った原稿を、画像出力するとモワレになったり潰れたりで、非常に見にくくなってしまいダメでした。文字のフォントもおもったより小さすぎました。
そういう不完全なところを全部直していると、多分また3ヶ月とかかかってしまうので、思い切って現時点で最低限の修正だけして公開しました。


ちなみにタイトルは考えてもダサいものしか思いつかず、息子に相談して考えてもらいました。
息子は「タイトルは最終コマで回収するんだよ」と言って、最後のセリフから「行かなきゃ!!温泉」という言葉を考えてくれました。私には絶対思いつかないタイトルです。でもたしかに最後のセリフは言いたいことが詰まってます。さすがだと思いました。タイトル文字のデザイン原案も息子。これも私だったら絶対思いつかないです。


まんがを描くのは楽しいし、大好きなので、続きも描きたいです。
描き始めたときは、思うように手が動かず、ペンタブにも慣れず、どうしても滑ってました。設定間違って縦横比が変だった時もありました。いまだにペンタブ設定、試行錯誤です。滑らないよう紙を敷いたりもしてるけど。ていねいに描く、ということができず、力任せに描き殴ってしまう癖があります。ていねいに描けるようにならなければ。あと、トーンを使わない陰影の描き方を忘れていて、トーンまみれでみっともないです。これは他のまんがを見て、デッサンもして、修行しなければいけないと思います。


6月から描き始めて、14ページで完成まで半年もかかってしまうのでは、仕事になるレベルではないですね。空き時間にしか描けなかったのもあるけど。
デジタルでまんがを描く描き方の正解、今後も模索していく必要があると思いました。

Airレジに使っているiPadが「アクティベーションロック」になってApple IDも忘れてて焦った件

ノラヤのレジシステムは、Airレジだ。キャンペーンでレンタルしているiPadでありがたく使わせていただいております。
airregi.jp


ところが、本日。
いつものようにiPadからネットラジオを流していたが、突然「アクティベーションロック」の画面が出てきて、Apple IDとパスワードを求められた。他の画面にはどうしても行けない。
ここで、AppleIDとパスワード入れればいいんだけど……

AppleIDを、Airレジ導入時のものにしたままで、なんだったか忘れた!

Airレジ用のiPadは、リクルートで設定済みの状態で送っていただく。なのでApple IDもリクルートのものなのだ。そのまま使ってもいいし変えてもいいとのことだったので、そのまんまにしていた。パスワードは確か最初に変更した。でも肝腎のIDを忘れた。r********@icloud.comの、英数字の羅列部分がどうしても思い出せない……あてずっぽうで入れてみるが外れ。
なんだっけ?設定資料に書いてなかったっけ?しかし少し前に資料は捨ててしまっていた。がーん。Apple IDがわからないと何もできない!

過去メールをあさると、12月にAirレジさんからメールが来ていた。Airレジでレンタルしている機器でパスワードの入力を求められ、問合せが多数寄せられていると。
……最悪、Airレジのサポートさんに連絡すれば初期化してくれるらしい。しかし、うーん、Apple IDさえわかれば。

はたと思い出した。
r********@icloud.comのr********の部分、たしかiPadの端末名にも使われていた!iPadの端末名さえわかればいい。

iPadは画面は動かないが、ネットワークに繋がったままだ。だとすれば。
ルータの設定画面にアクセスし、Wifiの接続状況を確認できる画面を開いた。
あった!!!
現在Wifiに接続されている端末の一覧。しっかり端末名が表示されている。

たしかにこれが、Apple IDでした。
パスワードを入れて、無事画面は消えた。

あーよかった。
すぐさまApple IDを変更して端末名も変えたのはいうまでもない。