仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな48歳、高校生男子の母。

ブックレビュー

結婚・出産する女性のあり方〜「はあなたと一緒に泣いている」「パリの女は産んでいる―“恋愛大国フランス”に子供が増えた理由」

図書館でなんとなく目について借りた本です。うーむ、すごい組み合わせで本を読んでしまった。

キャベツくんとブタヤマさん

衝撃。ページをめくるたび脈絡のない展開。これはすごい。キャベツくんとブタヤマさん (えほんのもり)作者: 長新太出版社/メーカー: 文研出版発売日: 1990/07メディア: 大型本この商品を含むブログ (3件) を見る教育的メッセージが何も感じられないのが素晴…

ウェブ進化論

「みんなの意見」は案外正しいの帯に引用されていたので、読んでみました。

群集の叡智の存在〜「みんなの意見は案外正しい」

いろんなところで話題になっていたので読んでみました。 感想を一言で言うなら。 「読みづらーーーーーい!!!」

一番の資産は自分自身〜「金持ち父さん、貧乏父さん」

2000年に購入し、最近再読したもの。再読のきっかけになったid:xibbarさんには感謝です。

マルチで行こう!〜「フリーズする脳」「脳が冴える15の習慣」

某出版社勤務の弟から送ってもらった本。弟ありがとう!

いつまでもデブと思うなよ

どこの本屋さんでも目の着く所にならべてある話題書なので知っている方も多いでしょう。先日新幹線に乗る用事があってその時間つぶしの為に購入したら、思いのほか楽しめました。

ふくろうくん

あしたにくんがおすすめしてくれた本で、子供用に買ったのですが、意外にも私がとても気に入ってしまいました。

春の数えかた

なんとも素敵なタイトル。中身は、動物行動学者の日高敏隆さんのエッセイ。

ゆとりの法則ー誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解―

前回の「ピープルウェア」から10数年後に出版された「ゆとりの法則」(原題:Slack)。

ピープルウェアーヤル気こそプロジェクト成功の鍵ー

トム・デマルコとティモシー・リスターによる名著。やっと読み終えました。 以前「デッドライン」について読んだときは([id:monyakata:20070213:1171347032]こちらを参照)小説形式だったので早かったんですが。

パラッと読めるGTDの本

本の紹介でもしてみます。 昨年12月に購入し、その後夫に貸し、夫の会社の人数名に渡って読まれ、このたびやっと戻ってきました。 ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則GTDと呼ばれる手法についてつらつらと書かれた本。 監訳の方が…