仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな47歳、高校生男子の母。

雨漏り

我が家は借家です。多分築30年は経っています。綺麗にリフォームされてるんですがね…

雨漏りするんです。

これまで、二回直してもらいました。他の箇所はそれで治りましたが、どうしても一カ所が直らない。で、今日また修理屋さんに来てもらいました。


以前、大家さんが懇意にしている業者の社長さんが来て原因はここではないか、と指摘していったのですが、本当にそうなのか疑問だったので、今日来た方に聞いてみました。信頼できそうな気さくな方だったので。
そして屋根に問題がないかどうか見ていただくために屋根裏に登ってもらいました。
「屋根や柱は綺麗です、水が入った形跡もない」と言われ、ほっと一安心。現象と状況から、壁とサッシの穴をふさいでもらいました。
吹き付けるような強い雨でないと雨漏りしないんですが、どうなることやら。雨漏りって原因特定が難しいそうですから…。


ところで大家さんが(大家さんも気さくな方なので)こんなことを言っていました。
「雨漏りするって言ったらね、社長さんがね、『まだ元とってないのにそんなに直してやることないっちゃー』なんて言うから、あーそれもそうだねなんて思ったんだけど…」
なんかそれはおかしい、というかひどい話じゃないですか?雨漏りすることによって資産が劣化して困るのは大家さんであって、われわれは極端な話引っ越せばいいわけで。もとを取るもなにも、資産を維持するのは大家さんのやることなんだし。
# そんな話をきいてしまったから、その社長の言うことがちょっと信用できなかったのです


こういうことがあると、ふらふらっと「家を建てたいなぁ」という気が起きます。
実家の母は言います。「支払う人が亡くなっても以降のローンは払わなくて済む。うちはお父さんが亡くなってもそのおかげで暮らしてこれた」
いや、それはそうなのですが、亡くなるんじゃなくてリストラとか病気とかになって働けなくなる可能性の方が充分ありうるわけで。そうなったらローンは継続じゃないでしょうか?
たしかに、魅力的だけど…75歳くらいまで借金を返済しつづける気にはなれないし。

p.s.今ちょっと見たら、不測の事態では支払い延期や病気の場合の保証つきのローンもあるみたいですね。