仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな47歳、高校生男子の母。

仮称東北大学ホームカミング芋煮→正式名称アルミ精錬会

10/6は素晴らしい晴天に恵まれ、楽しく芋煮ができました。大人10名、子供2名、ラブラドール1匹参加。
芋煮は仙台風宮城風両方食べることができたし、某社長の最高にキュートなお子様もだっこできたし、息子はYさんのお嬢様と仲良くなれたし、近くで某大の連中が宴会芸をしつつ川に飛び込むのも見れたし、楽しかったです。
鍋は尽きたが薪が余っている。そこで、なぜか「アルミ缶をたき火で溶かす」のをはじめたMさん。芋煮の最中とは比べ物にならないくらいの熱中ぶり。スチール缶にどんどんたまる、液体化したアルミ。芋煮の薪でアルミの精錬を行っていたのはきっと我々だけでしょう。やはりるつぼが必要か?次回のアルミ精錬会は…といつの間にか芋煮はサブの目的に。本当に楽しい精錬会でした。

(写真:スチール缶があるの見えます?)
それにしても。行くだけで材料も薪も釜もある芋煮ではなく、ただの河原で物を持ち寄って芋煮というのは結構下準備が大変。近くに某社長の自宅があったため助かりました。ありがとうしゃちょー(って見てないだろうけど)。来年は芋煮幹事支援アプリを作って省力化し、ドリコムAward on Railsに応募しようと思った私でした。