仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな47歳、高校生男子の母。

年末調整の季節ですね

年末に近づくにつれ、ブログを「自営業」「扶養」「個人事業主」などで検索してくる人が激増。みなさん大変ね〜と思っていたらウチも来ました。
昨年は配偶者控除に該当していた私ですが(と、書くと額がばれますね)今年は配偶者特別控除にも該当しません。
私「というわけで、この配偶者Aってのに私が当てはまらなくなるから」
夫「えっ!?じゃぁ何、また扶養外れる手続きしなきゃいけないわけ?いつから扶養外れたの?」
私「あのね、今回のは年末調整の時点での見込み年収なわけでしょ。だから控除がないっていうこと」
夫「それは扶養じゃないの?」
私「…え〜っと。扶養には二種類ありましてですね…」
夫「あれ、この額なら扶養にならないいでしょ?」
私「そっちは収入!所得の額だから、…」
毎年こんな具合で揉めています。最後には
夫「面倒だからはやく300万くらい稼げよ!」
ということになるんですね。簡単に言うな〜給与所得者は。でも好きで自営業やってるから何も言えません。


ところでこの年末調整のために色々調べていたら、昨年の確定申告、株式の譲渡益の額を間違っていたことが判明!
慌てて税務署に行き「校正」というのをやってきました。別に怒られず、親切にしていただきました(^^;;