仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな47歳、高校生男子の母。

ドレスコード/Rubyで「赤」

私のお世話になっている美容室では、期間限定でドレスコードがあるんだそうです。火曜日はジャケットの日、水曜日は原色の日、…というように。

これ、面白いと思いませんか?IT系の勉強会やイベントでも「ドレスコード」導入してみたらどうでしょう?帽子の日、モノトーンの日、無意味にスーツの日、柄の日、とか。そんでポジペには今日のドレスコードについて一言書くと。只でさえファッションがいけてないと言われているアレゲな方々にとって、チャレンジのきっかけになるかも。


そんな私はひそかに一人ドレスコードをしているのです。それは、Ruby関係のイベントは「赤」を身につけること。小物でも、服でも。
元々赤はそんなに好きな色じゃなかったんです。品がない気がして。でもひとりドレスコードを導入して以来、赤いアイテムを選ぶようになり、赤も好きになってファッションの幅が広がったように思います。そこのRubyistのアナタ、一点くらい赤いアイテムをいかがですか。赤は気分を上げる色です。そういう意味で効果的なのはマニキュアなんですがね、常に目に入るから。これはRubyist女子限定のお楽しみってことで。
今週末も赤で行きますよ!