仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

SEから看護師になった元同期

びっくりしました。今日、健康診断を受けてきたんですが、そのクリニックで、昔いた会社で同期だった女性が看護師として活躍していました。
彼女が退社したのは、私より先だから入社して4年目くらい?それ以来会ってないから10数年ぶりくらいに姿を見た。年賀状だけは交換していたんだけど。
彼女は、SE以外の仕事をしたくて、退社してすぐ、病院でアルバイトしつつ看護師になるための学校に通いはじめた。今日、彼女とは半径1m以内くらいまで接近したんだけど、ついに声を掛けずに帰って来た。だって、とても忙しそうだったんだもの。採血とか検査とか次々と人をさばいてる時に邪魔しちゃだめですよね。SE時代「愛されモテキャラ」っぽかったのに、ピシっと白衣を着こなし颯爽と仕事する彼女はとても生き生きしていて、たくましくって、格好良くて、なんだかとても嬉しかったな。
私も相変わらず仕事しているわけだけど、たとえば10年ぶりに会った人からは、格好良く見えるだろうか?勝間和代氏のいう「インディ」にはほど遠いけれど (今日、本読み始めて、早速落ち込んでいるところだ)、せめて颯爽と仕事していよう。ああこの人も頑張ってるんだ、いいな、と嬉しくなれる存在になれるだろうか。「痛いな」じゃなく「いいな」ね。