仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

いくつになってもせんせいにほめられるのはうれしいものです

関連エントリ:http://d.hatena.ne.jp/monyakata/20090109/1231449178

昨日は、PTAの集まりと息子の病院行きがあって、仕事らしきことができたのは2時間程度…でも、とても嬉しい事が。

学校で息子の担任の先生に呼び止められました。
「お母さん!絵日記、すばらしいですね。冬休みどこに行くよりもいい思い出ですよ。毎日一緒に書くなんて、なんてステキなお母さんなんだろうと思いましたよ!」
とっさのことで、緊張して「あ、ああありがとうございます」ぐらいしか言えませんでした。

そして、息子の冬休みの絵日記に先生のコメントがついて戻ってきました。嬉しいですね。息子の文章の一日一日に、赤ペンでいろいろなことを書いてくださいました。私も子供の頃、この先生のコメントが毎日楽しみだったんだよね。
そして最後に「ステキなおかあさんですね。このにっきも、おかあさんも、おとうさんも、だいじにしてください」さらに私宛にも「一緒になんでもしようという姿勢がとてもいいです。こんないいお母さんをもって○○くんは幸せですね」のコメント。

…いや〜、もう、私、一気に上機嫌です。息子よりも、何度も見返して、にやにやしています。鼻歌なんかうたっちゃったりして。恥ずかしいくらい嬉しいです。
先生、ありがとうございます。