仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな47歳、高校生男子の母。

ちょっとへこんでる朝

仙台のmonyakataです。おはようございます。
花粉症の人は辛そうですね。この時期、平気で布団干せて平気で外を出歩けて、思いっきり深呼吸できる私は、幸せなんだなぁと思います。


4年前。起業してはじめていただいたお仕事が、いきなり「回収不能?」でした。振り込まれませんでした。電話してはのらりくらりとかわされました。結局、振り込んでもらえたんですけど。
ある分野では知られている会社で、某巨大OS会社や学術機関などとも提携していて、上場も考えている、なんていう会社でも、なーんにも安心できないんだ、ってことがよくわかりました。そして、その会社にはつきあいの長い知人が勤務していて、その人のつてで得られた仕事だったけど、この時知人は役員であったにもかかわらず「いやぁ、うちお金ないんだ」なんてけろっとしていた。「全くの他人じゃないんだから、ちゃんとしてくれるだろう」という思い込みは見事に打ち砕かれた。その知人は今、いくらメール出しても返事をくれません。

そのことを思い出しました。思い出さざるを得ないできごとがありました。

しかし私自身は信頼できる人間だろうか?他人ばかり責められるだろうか?約束をちゃんと守っているだろうか?自分が駄目だから、他人もちゃんとしてくれないのかもしれない。
ああ、ちゃんとしなきゃ。