仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

片付けられない女なんです

息子の、集中できずすぐ気が散る性格は、私にそっくり。そして、片付けができないのも、私にそっくりです。
だから「片付けて!ごはんが食べられないでしょ!なんでこれがこんなとこにあんのっ!なんで服たたまないの!」と怒る時は、自分を怒っているようで嫌んなります。息子が散らかしてるのは目について怒りたくなるけど、自分の部屋が散らかっているのは気にならない(目に入る→片付けたいけど、片付くに至る膨大なプロセスを考えてうんざりする→見なかったことに)という。かといって「かーちゃんもできないから仕方ないよね」と、注意しないわけにもいかないし。息子が散らかしているのも、ベースとなる生活環境がごちゃごちゃだからなんだろう。あーあ。

いったいどうしたら片付けができるようになるのか。「一日に5分でもいいからこまめに」「気づいたところをすぐ」…なんて良くいわれるけど、それができれば苦労は…。ダイエットと同じですね。一日5分の運動すら面倒だと思ったら二度としない。

あ〜、これってまた仕事ができる人とできない人のリトマス試験紙なんじゃろうか…ダメだ…
こういうのは「継続できた」という達成感をなんとか持たないと。なので、これから毎日、玄関と階段だけは掃き清めることにする。一カ所でも、綺麗な場所があったら、なんか変わるかもしれない…できるかな昨日と今日はやったよ…


ところで、息子が私に似てない点。それは本がすごーく好きだということ。今ははやみねかおる夢水清志郎シリーズにはまっています。このシリーズのお陰で、すごく語彙が鍛えられたようだ。私は相変わらず、児童書ですら、分厚い本が密集していると「あー嫌だ」って思ってしまうのだけれど。すげーなぁ。誰の遺伝だろう。私の弟は本の虫なのでそのあたりかな。