仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

大学で半年間非常勤講師をすることになりました

前にもちょっと触れた件について。尚絅学院大学表現文化学科にて講義を持つことになりました。

この依頼が来たのは約1年半前。最初は、断るつもりでした。WEBデザインを人に教えるほどスキルがあるわけでもない。仙台にはもっとすごい人がたくさんいる。講義なんてしたことがない。人に物を教えたこともない。私は人前で話ができない。…でも、することになりました。


不安で不安で、あまりに鬱々と思い詰めてしまって、息子にうちあけたら、こう言われました。
「先生になったら、町で会ったら、あ、先生こんにちはって、言ってもらえるよ」まったく思いもしなかった、子供の視点です。以前は他人だったのに、「こんにちは」と挨拶できる相手になる。それだけでも、なんかすごい嬉しいことじゃないか。そう思えてきました。


その後も、教員養成大学を修了し人に物を教えるのが得意な夫にも助言をもらい、やる気をふるいたたせ、だんだん楽しみになってきました。
スキルは人に負けるかもしれませんが、16年間、ネットに関係ある仕事をし、サーバ構築、サーバ管理、ウェブ制作、ウェブアプリ開発、ユーザサポート、動画作成、Flashと、いろんなかかわり方をしてきたので、そんな私にしかできないような授業ができたらなぁと思います。

ここをみつけてしまった(?)尚絅学院大学の学生さん、先生方へ。どうぞよろしくお願いいたします。町で会ったら、こんにちはって言ってくださいね。