読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

なんとかなるべ

いろいろありましてね。これから生活が苦しくなるかもしれない。(正直、仙台にワーキングスペースをなんて悠長なことは言ってられないかもしれない)

母と電話で話をした。

母「あのさぁ。お前たちは、自分たちが貧乏だと思っていたか?」
私「そりゃ、思っていたさ。お父さんが亡くなって、ああこれからうちは貧乏なんだ、一切贅沢はできない、金はなるべく使わないと覚悟したよ」
母「はぁ、そうかぁ。私はね。ちっとも貧乏だと思っていなかったよ」
私「えええ?」
母「お父さんは亡くなったけど、なぁに私が働けばいいや〜、なんとかなるべ〜、ってね」
私「…はぁ…」
母「実際なんとかなったしね。楽天的なB型なのは得だなぁ。…でも、おばあちゃん(私の祖母)は、こりゃあ大変だ!子供二人も抱えて、と思ったらしいよ」
私「そりゃそうだよ!!」
母「だから、なんとかして生活はできるよ」

その通りだよな。
大事なのは、楽天でいること。なんとかなるべ〜、の精神で。

なんとかなるべ。