仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな47歳、高校生男子の母。

なんだってんだ起業家支援

仙台市の某部局より、ノラヤ宛に、起業家むけイベントのチラシとポスターが送られてくるため、今後は不要ですと電話を入れた。メールアドレスが書いてなかったから電話するしかなかった。不要の場合は電話くださいとも書いてなかったんだけど、もったいないじゃない、紙と送料が。我々の税金が使われているんだから。

ノラヤに出入りする人が関係するチラシ等なら置きますよ。でも、そうじゃなく、担当者がノラヤにきたわけでもなく、うちのウェブも見たことがなく、ただコワーキングスペースというだけで起業家がいるだろうと、送ってきたらしい。

ノラヤがだだっ広くてチラシ置きコーナーが充実しているなら置きますよ。いまそういう余裕はありません。

契約して事業ゴミを捨てられるならまぁ断らず捨ててたかもしれません。たかがA4封筒と思うかもしれないけど、ゴミはいつもバイクor自転車のうしろに括りつけて自宅まで持って行って捨ててるんです、少しでも負担は減らしたい。

ノラヤに起業家がたくさん来るなら、置きますよ。でも、多分来ないし、起業家はチラシじゃなく別の手段で既に情報を仕入れていると思います。実際私は既に知っている情報がわざわざ紙になって送られてくるんだもの。

紙じゃなくてメールだったらまだ、そんなに負担に感じることはなかったと思います。「不要です」のメールは送るかもしれないけど。

とにかく、「起業家」というキーワードと、印刷物を送りつけてくるという行為のアンバランスが、なんだかなぁと思った出来事でした。