読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

あすけんのお姉さんにdisられる日々からの逃避

日々雑感

ダイエットしているんですよ。もう何回目かってかんじですけど。

2/13から記録開始したので、もうかれこれ2ヶ月か。

レコーディングダイエットでうまくいったことがあるんで、ちゃんとカロリー制限すれば減らせるという楽観的なところはあります。

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)

 

 しかし「いつデブ」を読んだ時と現在と違うのは、カロリー制限や体の記録にスマホ活用ができるということ。当時はExcelでちまちま書いてましたからね。

というわけで私のダイエットアプリ体験記を書いてみます。

 

最初はこのアプリを入れて使っていました。「カロリーノート」です。

カロリーノート/ダイエット管理(体重・食事・運動・生活習慣)

カロリーノート/ダイエット管理(体重・食事・運動・生活習慣)

  • Yasuo Shiohata
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

食事のカロリー、体重、体脂肪率を記録していくシンプルなやつです。

検索でコンビニのお菓子等も出てくるんですが、新商品がばんばん出るからおっつかないですね。これは自分で似たようなカロリーの物を選べばいい。 

1300kcalを目標にし、記録スタート。

最初は心が折れそうでした。だってどんなに減らしたつもりでも、目標カロリーを軽々と越えてしまう。カレー2杯食べたらもう1食でアウト。自分で設定した目標だけにもう悔しくて悔しくてたまらない。押さえて押さえて空腹に耐えて、それでも1300にはおさまんないんすよね。

そのうち、なんとか2000kcalは越えなくなってきたんですが、そうなるとちょっと不満が。

カロリー記録する画面で100g単位なのか、1単位(1杯、1切れ、1カップ、1本等)なのかわかりづらいんです。自作の料理で材料を入れる時に悩みました。

なやみつつも、記録を続けるというのはやはり効果がありまして、体重は減りました。

 

そんな時、別のアプリの存在を知りました。「あすけん」です。

 これは「ペライチ」で有名な株式会社ホットスタートアップの取締役山下さんに教えていただきました。

教えてもらったその場で入れて「これはいい!」と思いました。

最初、いくつかの質問に答えて(年齢、現在の体重とか)目標カロリーが設定されます。私の場合1610kcalに設定されました。意外と高い値。

そして食べた食事を記録していくのは同じです。あすけんはコンビニメニューだけでなくファミレスなどの外食メニューも網羅してます。残念なことに、自作メニューは有料オプションを契約しないとダメなので、材料をちまちま入れるしかありません。

でも画面が見やすく、入力もしやすい。

そしてカロリーだけでなく、栄養素ごとの摂取量も表示してくれる。私はどうしてもカルシウムと鉄とビタミンが不足気味。普段野菜摂ってるつもりでも全然だめなんですね。そこが機能性食品や栄養ドリンクのたぐいを飲むと「ぱーん」とグラフが伸びます。いいのかなとおもいつつ、面白いので、よくC1000とかウイダーインとか一日分のビタミンとか買いました。

これもいいと思ったのが、運動も記録できる点。iPhoneの歩数と連動して消費カロリーとして記録してくれます。

そして、一日分の食事の記録が終わると、今日の内容が採点されます。点数は、食事と運動を合わせて総合的に判断されているっぽい。

そしてこれがあすけんのキモだと思うのですが、「お姉さん」がアドバイスをしてくれるんです!

カロリーが多くなってしまいましたね。明日以降の食事はちょっと控えめにしてみましょう。

とか

ちょっとオーバーしてしまいましたが、しっかり体を動かしているので問題ないですね。

 とか。さらに栄養素ごとにも言及するのです。

脂質が多いですね。

とか、

今日はビタミンAがしっかり摂れていますね!

とか。
こういう食品だとこの栄養素が摂れますよ、とか、こういう工夫をしてみましょう、とか、tipsも紹介してくれます。

そして翌日、最初に起動してまたデータを入れていない状態の時は

こんにちは!また来てくれましたね。最近の食事は◯◯なので……

と、今日の食事のアドバイスをしてくれます。

これはひとりぼっちのダイエットの強力な味方だなと思いました。なんか反応がある、って、モチベーションになりますわ。

 

………それで、がんばっていたんですけどね。

やっぱり辛くなりました。

だって。全然いい点取れません。
「30点」「33点」「40点」。日々の点数は、私の高校時代の物理と数学のようです。たまーに70点の時もあります。でもほとんど、赤点のような数値しかでません。

それでまた、あすけんのお姉さんが、点数が低いと嫌そうな顔するんですよ。

カロリーオーバーが続いていますね……

なんて眉根を寄せながら!

ここで私の特殊なライフスタイルにも言及しておきますと、週に3日、早朝からアルバイトしていて、その日は朝食が5:15〜6:15なんです。それで10時にはもうへろへろでお腹が空くんです。そんで食べるでしょ。バイト終わった後ノラヤに出勤して、そこでまたお腹空くから食べる。バイトある日って実質1日4食なんです。

普段はデスクワークだけど、バイトの時は立ちっぱなしで走り回ってるのです。

週3は肉体労働なんでその日だけ摂取カロリー目標を上げて欲しいとか思うのは私の甘えでしょうか。

そんでもお姉さんに怒られるの嫌なので制限しますし、食べ過ぎた時は運動を、と思って2万歩くらい歩く時もある。でも、あまり運動の成果って点数を上げてくれない。ジムに通ったりハードなスポーツをすれば違うのかもしれないけど。歩く程度じゃ赤点は脱出できない。

そして、がんばって目標カロリーを大幅に下回る時もある。そんときはそんときで文句言われるんですよ。

このような食事が続くと逆に太りやすくなってしまいます。

はー?あんたが減らせって……カロリーオーバーが続くから他の日で調整を、って言ったくせに!前日出したメッセージちゃんと参照してくれよ!

 

毎日あすけんのお姉さんにdisられ、低い点を見せつけられ。時々励ましてもくれますよ。あまりにdisりすぎだと思うのか(思ってるわけがなくてランダムだと思うが)

カロリーオーバーですが、◯◯さんは制限がちゃんとできる人ですから安心していますよ!

でもその定型文、何度も見てしまうと、別に嬉しくもない。

成績の上がらない息子にいくら現状を認識させようと、いくらやり方を改めるよう言っても、聞く耳持たない、その気持ちがよくわかりました。あなたはこんなにだめだからがんばりなさい。そう言われたって、やる気出るもんじゃないんですね。

 

ふと思ったんですけど、私が嫌なのって「お姉さん」だからじゃないっすかね。これがイケメン男性キャラだったらちょっとは嬉しいかな。私のように無駄にプライドが高い女性は、同性に上から目線で物言われている感がだんだんつらくなってきますよ。

「あすけん」さん、ぜひ男性キャラの導入をお願いします。

 

お姉さんにdisられ続けた私は。ついに。

食事の記録をやめてしまいました。

はっはっは。ダメですねぇ。
なにをやっても成功しない人間はここがダメ!っていう例として使ってください。
最近は体重と体脂肪率の記録だけにしています。それだと別に「あすけん」じゃなくてもいいんですけどね。

あすけんのお姉さんは、食事の記録をしていないと文句言うと思ったら、起動したときは

こんにちは◯◯さん。ここのところ脂質が多いですね

と、けなげに挨拶してきます。ちょっとかわいそうになってきました。いつのデータ見てるの?それは先週なのよ、お姉さん。

 

で、実際どうなのさ。痩せたんでしょうか?

痩せましたよ!

体重は4kg、体脂肪率は2%減りました。

まぁまだまだ上下すると思いますけどね。 

 

ここからはアプリとちょっと関係ないですが、今までのダイエットでは、運動を意識して取り入れてなかったんですよね。運動嫌いだし苦手。

でも、今回は、毎日10分間のスクワットを続けています。

食事を減らすとお腹はすぐ凹むんですけど、おしりと太ももだけは、どうしても減らないんですよね。あと、そろそろ老後を視野に入れて、筋肉つけておかないといけないと思ったのもあって。スクワットが良いらしいと聞きやっております。

この手の筋トレ、今回頑張れてる理由は、1. 音楽を聞きながらやっているから、2. ストレス解消を兼ねていること。

お気に入りの音楽をYoutubeで再生しつつやってると、曲の流れで何分経過してるかわかるので目安になります。そして前辛かったサビのあたりがあっさりクリア出来たりして、成果が実感できるんです。ストレス解消は、家庭にいるとイライラすることたくさんあって、ちくしょう細くなってやる、私は筋肉つけて体力つけて綺麗になって生き延びられるようになるんだ!と思いながら、怒りをぶつけていると、終わるころには汗ばんで、よしやったまた野望に近づいたぞ!と思えるんです。

太ももが細くなったかどうかは、わかりません。ただ触った感じ、確実に筋肉ついてます。10分スクワットが軽く感じるようになったら、さらに何か増やさないといけませんね……その日が来るのが楽しみです。

あとはノラヤに出勤する時にバイクや自転車ではなく、歩くようにもしています。iPhone歩数計が便利です。前は近所の買い物も自転車かバイクでした。今は用足しもなるべく歩きです。

 

結局は、「いつデブ」にも書いてたことなんですけど、自分の体をこうすれば増えてこうすれば痩せてこうすれば体調がいい、てのを、把握できる状態になるのが最終地点なんですよね。

またつまづいたら、あすけんに記録し始めるもよし。

 がんばるぞー。