仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな高校生男子の母。

どうでもいいパンツ

f:id:monyakata:20200217182240j:plain

どうでもいいパンツ。

というジャンルのパンツが、私にはあるのですが。

この場合の「どうでもいい」は、二重の意味を持つ「適当」という言葉に近い。その場その用途に適切であり、かつ特に限定もしない投げやりな感じも含む。

 

面倒だが我々女性はパンツとブラジャーを着用しなければならず、ふつう、同じデザインで合わせるらしい。バラバラに売ってはいるが、セットにもできる。私も可能な限り合わせる。

しかし、なんらかの理由で「ずれ」が生じること、ないですか?

 

このブラジャーに合わせるパンツが、いまちょうどない。洗えていないとか乾いていないとか、先に劣化してしまって捨てたとか、なんかよくわかんない理由とか。そんなときに「どうでもいいパンツ」の出番だ。

どうでもいいパンツのデザインは、あくまでシンプル。色は汚れが目立ちにくい、黒とか紺とかボーダーとか。レースはあってもなくてもいい。へそまであるハイライズなど、ダサすぎるのは自分で見て落ち込むので避ける。

そして、履き心地が重要だ。ブラジャーとセットのパンツは、パンツというよりショーツと呼ばねばならないような、繊細なレースとポリエステルのつるっとしたかんじ。もちろんそういうのを履くのも気持ちいいんだが、どうでもいいパンツは、綿100%であって欲しい。かといって、オーガニックコットンで徹底して肌触りを良くしました、なんていう優等生高級パンツは求めていない。ぶかぶかではなく、ほどよくフィット。

とにかく、履いて「ほっ」とする感じが欲しい。かつ、パンツ単体でそこにあって、がっかりしない程度のデザインであってほしい。

どうでもいいくせに注文がうるさいが、さらに重要なのが値段だ。

どうでもいいパンツだから、安くなくてはいけない。絶対1000円超えてはならない。正直500円も超えたくない。

まず思いつくのがユニクロだろう。だがわたしはユニクロのパンツは何度か穴があいてしまったので、避けてる。

シンプルで丈夫といえば、無印良品もいいかも。10%オフのタイミングで買えたらね。

 

さあどうでもいいパンツを買おう。

私が向かうのは、イオンだ。

ワコールやトリュンプの華やかなエリアをくぐり抜け、イオンオリジナル商品の棚へ向かう。そこに、2枚で税込み968円のパンツエリアがある。

これぞ、素晴らしき、どうでもいいパンツだ。

デザインもカラバリも豊富。個人的にはもっと派手な色のものもほしいけど。

でも本当にいちばん目的にかなっているのだ。そして何年経ってもなくならない。ありがとう、イオン。これからもわたしのけつに寄り添ってほしい……

ふとタグを見たら、イオンのパンツは綿100%ではなかった。あれっ?そうなのか?綿にしてはふわっとしてると思ったら……でも、いいのだ、肌触りがいいから。

 

どうでもいいパンツ。ブラジャーとセットのパンツがないときに、私を助けてくれる。

ランニングのあと、スポーツ用のショーツを脱ぎ、シャワーを浴びて、どうでもいいパンツを履く。心地よい筋肉痛をやさしく包んでくれる。

温泉に行ったら、ゆあがりに、どうでもいいパンツだ。

具合が悪くて寝ている時も、やっぱりどうでもいいパンツがいい。

 

私にはささやかな夢がある。

どうでもいいパンツを履いて、上はユニクロのブラトップか何か、その上にゆるっとしたジャージのワンピースを着て、部屋をあったかくして、1日、ごろごろするのだ。

今、私には自分の部屋というものがない。寝室もないから、ごろごろする場所もない。

独身の時は、休みの日にごろごろしようと思えばできたのに。

なんだかんだと用事や家事に手をだして、のんびりしてなかったんだよなー。

いつまでもあるとおもうな、ごろごろ環境。

だから、ごろごろするとしたら、ビジネスホテルや旅館に一人で泊まるしかないのだ。温泉旅館に泊まってさあ、好きなだけごろごろしたいよな。

どうでもいいパンツは、解放の象徴だ。

それを履く時、わたしはちょっとだけその夢に思いを馳せる。