仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな49歳、高校生男子の母。

老母の気分

f:id:monyakata:20190401173110p:plain

先日、ちょっとショックな出来事があった。

とある知人に用があって会いに行ったときのこと。

いくら待っても連絡しても待ち合わせの場所に来なくて、ようやく現れて「オンラインミーティングしてて」「携帯?出られなくて」と言うその人は、

コワーキングスペース閉めるそうですね。東京に行くんですか?」

と、妙なことを私に言う。

「へ?」

「息子さんについていくんですよね?」

「へ?」

「えっ?だって、お子さん、就職で、東京に行くって」

はああああ?

息子はまだ高校生だし、私は仙台から動く予定も何もありませんが?

そう言うと、「えっ?じゃぁ、なにをするんですか?」

とおっしゃる。

「今までも、これからも、コンビニ店員兼自営業ですけど」

声の音程が低くなってしまった。

 

もちろん、単なる勘違いだったと思うが、他のありうる勘違いより(コワーキングスペースを他の場所に移転するとか、私が母の介護で実家に帰るとか)より、はるかにショックだった。

だって、「息子について東京に行く」なんて、老母じゃないですか!!

仕事やめて、やることなくなって、じゃあって、息子の世話をしにいくような、そんなイメージ。

うえー!嫌だそんなの!まだまだ15年くらい先でしょ?60過ぎでしょそういうことするの?

今だって、私、上下防寒装備で、オフロードバイクでこのオフィスまで来ましたけど?

私がそんな、老母に見えましたか?

しかもその人、私の一つか二つ上で、同世代なんですよ。お子さんも同じ年齢だったはずなんだけどなあ…もっと年上に見えたのかなあ。

 

それ以前に!息子がたとえ就職して東京に行ったとしても!それにくっついて東京行くなんて選択肢、ないわい。息子だって迷惑でしょ!

なんなんだその、家族の付随物としての存在価値しかないみたいな。おいらそんなんなっちまったのか。

 

しかしまぁ、同時に、悔しかった。

実際、世間一般からすれば、50近い既婚子持ち女性のイメージってそんなもんしかないのだろう。悲しい。いくらバイク乗ってようが、関係ないわ。

もしも私が美魔女だったら少しは評価が違っていただろうか。

残念なことに私はそっち方向の人ではない。だが、くっっそみたいに美人でなくても、50過ぎても、家族のおまけみたいな状態ではなく、ちゃんと稼げる一個人として居られる、ロールモデルを示したい。

と、思う。思うのだが。

今でさえ人の収入に依存して生きているので、本当にだめですね……