仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな大学生男子の母。

髪を耳にかける

以前から謎に思っていた。女の人が、耳に髪をかける行為の意味がわからない。あれ、なんだろ。

そりゃ、髪が邪魔だから、耳にかけるんだろう。

でも、それだけではなさそうだ。だって邪魔ならピンで留めればいい。実際私はそうしてきた。だけどそうやっている人は、少ない。

 

子供の頃から、母に「髪がぼわーっとなっているのがうっとおしい!留めなさい結びなさい切りなさい」とうるさく言われたので、長い部分はピンで留めたりぐいっとゴムで結んだりしてきた。

でも、ふつうの大人の人でうっとおしい髪型の人はたくさんいる。前髪が長くて目にもかかっている、顔にもかかっている。絶対視界に入るし邪魔。でも、なぜかそれがふんわりと美しく見える人もいて。そんな髪型の方々は、ちょっと髪が下がってきたら、髪を耳にかける。

 

私の好きな「私たちが恋する理由」に登場する女性たちも髪を耳にかけている。そのヘアスタイルが彼女たちのかわいらしさ、ひたむきな心情を強調しているかのよう。

 

 

 

で、…私も多少、ふつうの人の真似をして、髪を耳にかけようと思う。

でも、髪を耳にかけたって、落ちてくる。

当たり前だ、耳にピンほどホールド力があるとは思えん。となると、落ちてくればかきあげ、落ちてくればかきあげ、を繰り返し、常に耳に髪をかけるしかないのだ。

おしゃれな女性たちと仕事を一緒にしていたころ、彼女たちをさりげなく観察すると、やはり、ひっきりなしに耳に髪をかけているのだ。
レジを一人打ち終わればかきあげ、話を始めるときにかきあげ、返事をするときにかきあげ。
しかも。耳の反対側の手で耳に髪をかけると、手がクロスして美しい、という技もあるようですね。
そういう、常に自分の見た目を美しくしたいというマインドが、彼女たちの無限に髪を耳にかける行動の原動力ではないかと気づいた。

私は途方に暮れた。だって、どうやらそのマインドは、私に備わっていない。

 

トイレや電車で髪を整える人をいつも不思議に思って見ていた。

寝癖で変な方向に髪が跳ねているからなんとかしたい、なら、わかる。ハンカチがないので手を洗ったあとの水分を髪でなんとかするのも、わかる。

みんな、どう見ても問題ない前髪を、執拗にととのえようとしている。髪の束やバラバラの具合は動けば一瞬で変わる。電車のドアが開いて風に吹かれたら変わる。なのに。なにかしら納得のいく、前髪に至るまで整え続ける。

一瞬のために。みんな、本当に、絶え間ない努力を続けている。

 

私も、髪を耳にかける人になりたいな。でも、面倒くさいし。
そう思っていた私でしたが。

 

けっこう最近、髪を耳にかけるようになったんですよ!

なぜかというと、インナーカラーを入れたからです。髪を下していればそんなに目立たないけど、動きがあると…

「ほら、カラー入れたの!見て!」

そういわんばかりに、髪をかきあげ、耳にかけるようになったのだ。気分が上がるね。さらに大きめのピアスもをするようになった。これも「見せたい」気持ちが強くて、やっぱり髪を耳にかける。

 

「…女性はすべて、自分を美しく装いたいと思うものです…」
ファッション評論家がおごそかに語るのを見て「ここに例外がおります!」と内心挙手していた私であった。しかし、まあちょっとわかる気もしてきた。
「私を見て!」という気持ちが、「私の美しさを維持したい!」となり、それが髪を耳にかけたり、前髪を無限に整えたり、になるんですね。

 

とはいえ、そのうち、やっぱりめんどくささが勝つ気がする。

美しく装うより素でいるほうが楽だし自分らしい…そんなことを心の底で思い続けているのだから。またショートになるかもしれないし、ね。

 

イヤホンを新幹線で落としちゃった

JBLbluetoothのイヤホンを落としてしまった。
悲しい。

f:id:monyakata:20220530175924j:image

 

秋田から仙台に戻る途中の秋田新幹線で、窓際席でふとイヤホンを使おうとして、充電器を兼ねたケースから取り出したとき、右側を落とした。
隣の人にお願いして立ってもらって、下や通路、左右など見てみたが、それらしいものはいっこうに見つからない。

 

ゴールデンウィークの真ん中ごろで、車内は満席。周囲の人が落とし物に気づいた様子はなく、前と後ろの席の人は爆睡中だ。とてもじゃないけど「すみません、イヤホン落としちゃって…」などと無理やり起こして言える雰囲気ではなかった。通路で這いつくばるのがせいいっぱい。こういう場合、東北民は優しいので何かを探している人がいたら自分の足元を確認してくれたりするのだが…みんな寝てるし。

携帯しているマグライトで座席下を照らしたが、見えない。

スマホとペアリングしたままだった。そこでスマホの音量を最大にして爆音で音楽かけてみた。それなら多少音が漏れて、だいたいの場所がわかるのでは…。しかし、新幹線の音でかきけされ、まったくわからなかった。

無理だこれは。
諦めた。
車内清掃時に発見してもらえることを祈り、普通に仙台で降りた。

 

JR東日本では、忘れ物問い合わせチャットがある。
帰宅した夜、さっそく入力。ほぼ同じ形の左側のイヤホンの画像も添えて、乗車新幹線の名前と乗車位置も伝えた。
しかし翌朝、見つからなかったというメールが来た。後で見つかる可能性もあるので、少し後にもう一度問い合わせしてみてください、とのこと。実際、メール内のリンクから同じ内容で問い合わせも可能だ。
三日後、一週間後、二週間後、間をあけて問い合わせた。
見つからなかった。

ペアリングするのはイヤホンの右側なので、右側がなければ左側で単独で聞くこともできない。
イヤホンケースとそれに収まった左側のイヤホンは、ただのオブジェになった。
目に入るたびに肩を落とす。

 

イヤホンが使えなくなってから、自分には「スピーカーで聞きたいもの」と「イヤホンで聞きたいもの」があると知った。

毎週楽しみにしていたジェーン・スーさんと堀井美香さんの「over the sun」。
voicyのいろんな放送、特にkagshun先生の放送。
これらは、イヤホンで聴きたい。

それから、料理中や掃除中など、めんどくさい作業をなんとかしたい辛いときも、イヤホンで聞いてテンションを上げていた。
防水のイヤホンなので、風呂でも使えた。
長電話の母としゃべるときは、作業しながら通話できて楽だった。息子とLINE通話するときにも、テレカンするときにも使ってた。
Wifiのあるコインランドリーで、PCでTverやNetfilixを見ながら洗濯を待つ時間にも必需品だった。

スピーカーの方で聞きたいのは、酒を飲んだり食事をしていたり、寝る前などゆったりした時間のとき。「聞く」より「流す」だから。
でも積極的に「聞く」の場合はやっぱりイヤホン。

 

イヤホン、「無ければ死ぬ、超不便」ってほどでもない。
overthesunは先日スピーカーでまとめ聞きしたし、コインランドリーでは勉強しているので映画など見る余裕がなくなった。
通話も、ふつうにスマホを耳に当てればいいだけ。

「あのとき、寝ていた人に構わず声をかけ、各座席の下を見せてもらえたら、見つかっただろう。だってペアリングもしてたし、こまちの車外には行きようがないんだから。絶対、そこにあった。なのに、そこまで熱意を持って探さなかった」
そんな自分が、実は、そのイヤホンにそんなに愛着がなかったからではないか…と、いう疑念がわずかに、ある。

そんな自分へのうしろめたさもあり、まだ次のイヤホンを買う気にならない。もうちょっと喪失感、反省の気持ちを味わっていいんじゃないかと。
…なんて、そもそもお金、ないし!めんどくさいだけかもね。

 

メルカリで同じ機種のジャンク品を探してみた。手元に残ったこの片割れも、メルカリに出したら売れるんだよなぁ。売ったら完全にお別れだなあ。

 

ちなみにこのイヤホンはスポーツモデルで、ランニング中にも落ちにくいよう耳の軟骨に突っ張って止めるところがある。だから、装着中に落としたことはほとんどない。
しかし、ケースからイヤホンを取り出しづらくて、勢い余ってぽろっと落ちることは、前からあった。不器用中年に完全ワイヤレスイヤホンは無理なのでは…

次買うときは、完全ワイヤレスじゃなく、左右繋がってるやつにしようと思っている。それまでは、引退していた有線イヤホンをiPhoneに繋いで…

あっ。イヤホンジャックとlightningの変換アダプタがない。使わないと思って捨てちゃったか。

あーあ。

コンピンテシー判断ってのをやってみたよ

誰かのtwitter経由で知った、コンピンテシー判断というものをやってみた。ミイダスというサイトにあります。

miidas.jp

ちなみにいろんな人がこのサービスをおすすめしている。アフィリエイト目的だと思う。

私はメンドクサイので普通にリンクを貼りました。

なんか、10分で結果が分かるって書いている人がいたんですけど、最初にこの「ミイダス」に会員登録しなきゃいけないので、実質1時間くらいみといたほうがいいかもしれない。
そんで登録したあとやっと「コンピンテシー判断」ができるわけです。


私にどういう結果が出たか

私の結果を最初にまとめておくと

  • マネジメント能力が、ない
  • 組織で働けない
  • 1人で好きにやらせろ
  • 計画通りに実行するのが苦手
  • 単純作業がダメ
  • 臨機応変に対応するのが得意
  • 状況の変化に強い
  • 上下関係ダメ

 

詳細

診断をするとWebで結果が表示されます。綺麗にPDF一枚にしたものも出力されるので、画面が苦手な人(私だ)は印刷してみるといいかも。

で、最初にマネジメント資質の有無が出てきて、10点中2点。マネジメント無理です。

うん、知ってた。

次にパーソナリティの特徴。

標準より高いのが
「創造的思考力」「問題解決力」「状況適応力」
低いのが「オーガナイズ能力」

このあたりをまとめて「仕事をしていく上でのあなたの特徴」と記述してくれています。

違った状況のもとでは、違った行動をとらねばならないことをよくわかっていると思われます。

自分がとった行動が客観的にみて適切かどうか、距離をおいて自分をながめることができるようです。

自己変容能力に恵まれているので、多様な仕事への適応力を持っているでしょう。

計画を立てたり、タイムテーブルを作ることが苦手なようです。細かい作業が好きではないので、計画を作っても抜けの出る場合があるかもしれません。

その反面、予定が変わっても、その場その場で対処できる柔軟さをもっている可能性があります。

…ふーん。

これ結局器用貧乏なふらふらした今の生き方が向いてるってことでないの。それだと金銭的にも貧乏なままなんだが。

 

さて「職務適正」。

高得点なのは

  • 「企画職」
  • 「金融専門職」
  • 「流通専門職」

低いのが

  • 「事務職(オフィスワーク)」
  • 「技術職(建築・土木・プラント)」
  • 「職人・工場スタッフ・倉庫作業スタッフ」
  • コンサルタント

でも、極端に適性が低い仕事は、なかったです。

向いている職業をもうちょっと具体的にすると、

  • 企画職の「リサーチ/商品・サービス企画」「経営企画/事業企画/営業企画」

うーん、これ、今から就ける仕事じゃないですよね。

  • 金融専門職の「支払審査(金融)」「開発(金融)」「リスク管理(金融)」

いやー、これも無理でしょ、資格要りそうだし。

  • 流通専門職の「店舗開発」「FC開発」「バイヤー」

バイヤー、たしかに面白そうではあるけどこれも今からできないね。

まあ要はその職に就けるかどうかはともかく、適性は専門的な、個人の創造性や発想を生かし、臨機応変に対応するこういう仕事だったというのに、そういうのやらないで来ちゃいましたね、はい、ということなんですかね。

 

気を取り直して。面白かったのが「ストレス要因」。私がなににストレスを感じるかということです。

1位(10点)「ルーチンワーク」。えー意外だなぁ。楽そうじゃん。毎日同じことしたって金さえ貰えればやるよ。…でも、そういうつもりでも、実は嫌だってことなんだろうな。

2位(9点)「チームワーク」。チームで仕事をさせられると私はストレスに感じるようです。あっはっは。まさに私。ぼっち大好き。

3位(8点)「評価されない」、「創造的機会の欠如」あはーん。評価されない、は当然だな。金くれないと嫌だ。創造的機会、うん、たしかに「あなたのセンスで好きに作って」って言われてやるの好きかもしれない。

4位(7点)「知的要素の不足」「自主的にできない」「上下関係の厳しさ」あーわかる。私インテリ好きだし。自分で勝手にやりたいし上下関係とか嫌いだ。

 

あと、「上下関係適性」というのもあって、私が上司として部下としてどういうタイプか、どういうタイプとならうまくいくのかという項目もあったが、興味がないのでとばず。

で、これがどう生かせるの

やっぱり私ってこういう人間なんだなぁと再認識する結果となりました。じゃ、これをどう生かせるか。チームワークが無理でマネジメントがダメで一人で好きにやって変化に強い私はとりあえずふつうに就職は無理だろうなと、それだけは言えるでしょうね。

 

ちなみに「ミイダス」は仕事を紹介してくれるサイトなので、さっそくおすすめの求人がずらずら出てきて「応募せい!」って言ってくるんですが、旅館の住み込みや、工場、土木工事などの仕事が出てきて、どれもこれも別に応募したくないです。

まあキャリアもスキルもない50代が登録してもそんなもんだろうなと思いました。

 

ストレングスファインダーというものがあった

そういえば大昔(12年前か!)ストレングスファインダーというものもやってみた。

 

monyakata.hatenadiary.jp

この時は私の強みが

  • 着想 Ideation
  • 内省 Interllection
  • 慎重さ Deliberative
  • 目標志向 Focus
  • 収集心 Input

だったんだけど細かい内容は忘れてしまった。ただ、当時は今よりもものごとをじっくり考えていたし、性格もこんなに投げやりじゃなかったように思う。ひとは変わるね。

仙台うみの杜水族館「おひとりさまナイト水族館」が素晴らしすぎる

「仙台うみの杜水族館」は本当に素敵な水族館です。年間パスポートを買って時々行ってます。仙台駅からは仙石線に乗って中野栄で降り、そこからてくてく歩いて20分です。


私の大好きなイベントは、夜に開催される「おひとりさまナイト水族館」。これが最高なんですよ。癒し、幸せ、雑念からの解放、日常からの脱出、なんと説明しようか。

とにかく都合のつく限り、行ってます。

www.uminomori.jp


閉館後の夜の水族館を、ひとりで、喋らず静かに鑑賞するというのが基本ルール。

見回るスタッフも無言。ソーシャルディスタンス。カップルとか家族で来ても、館内では離れてひとりで居ましょう。ひそひそ声でも、くっついてクスクス笑いも、けっこう目立つし響きます。まったく別行動が、この場所にはふさわしい。

美しい水槽の前には、かわいいライトやアロマがあって、ちょっぴり癒しの雰囲気を出しています。

f:id:monyakata:20220412223907j:image f:id:monyakata:20220412223233j:image

水族館や動物園って、子供のいる家族連れか、学校行事のお子様向けの施設だと勘違いしている人もいるのでは?ええ、松島に水族館があったとき私もそう思ってました。
でもそれはまったくもって誤解です。むしろ大人こそ行くべき。
人生の酸いも甘いも味わってきた大人が、普段見ない生き物を見て、説明書を読んで、癒されたり、ほほうと驚いたり、新しいことを知ったり。大人だからこそ楽しい。日常では味わえない感激と喜びとワクワクした感じに浸れる場所なのです。

 

まあしかし普段、特に休日は、家族連れやカップルが多いです。もちろんそれが悪いわけではないけど、それなりに賑やかで、なかなか大人がじっくり没頭するのは難しい。

f:id:monyakata:20220413071557j:image
話は逸れるけど、個人的に私が嫌なのは、お母さんが生き物を見て「うわー、こわいね」「気持ち悪いね」と子供に話しかけるの。こわいとか気持ち悪いとかネガティブな言い方をして子供に同意を求めないでほしい。聞いているこっちも悲しくなる。せめて「私はちょっと苦手かな」程度にして欲しい。

…と、まあ、そういう他の人の喋る声も、このイベント中はまったくないわけだ。

f:id:monyakata:20220412223630j:image

でも、一人でいくものなの?一人でいって面白いの?と思う人もいるかもしれない。うーん、たしかに一人で行動するのがふつうでない人には理解できないかもしれないね。それはしかたない。

おひとりさま?そんなのいくの?寂しいんだねwww などと言う人がいたら「バーカバーカ」と内心毒づいて「あ、大人の楽しみを理解できない人なんだな、かわいそうに」と思いましょう。

だって本当に楽しいし心地よいんだもの。

実際、みんな思い思いに場を楽しんでいます。椅子を持ち込んで座る人、絵を描く人。そして多いのは、写真をじっくり撮る人。(ちなみに写真撮りたい人のためのイベントも開催されている)

夜の水族館で、静か、って、それだけですごく居心地がいい。

生き物たちの夜の表情もいい。

f:id:monyakata:20220413071635j:image
たとえば、イルカのプール。
ふだんはショーが開催され、たくさんの人が集まり、スタッフの掛け声やお客さんの歓声が響く場所です。水族館の中でももっとも賑やかな場所かもしれない。

それが、おひとりさまナイトの時はなにもない。ただイルカが水槽の中をいったりきたり、時にきまぐれにジャンプしたり、プールのふちにふと顔をあげてみたり。イルカの立てるランダムな水音がするだけ。なのに人がやってきては、ぽつりぽつりと座っていく。座って、ただ、イルカを見る。イルカのプールは屋外なので、真っ暗な周囲の景色も見えるし、遠い建物の照明やすぐ近くを走る自動車道の音や光は伝わってきます。それらすべての昼間と違う空気を、イルカを眺めながら感じるのが、いいんです。

f:id:monyakata:20220412223030j:image
水族館に入って最初にある巨大な大水槽、ここはいつ見ても圧倒されます。おひとりさまナイトの時は、距離を置いて椅子が設置されます。みんな静かに座ってます。二階にも席があって、この二階席が私は好きなんです。イワシの群れ、エイやサメ、人気者のスナメリ。一瞬として同じ動きはなく、いつまでも見ていられる。(先日はスナメリの展示はお休み中だった)

わたしたちは乗り物に乗った時やちょっとした待ち時間に、すぐスマホをいじってしまう。
だけど、この水槽の前にたたずむひとたちに、スマホをずっといじっている人は少ない。スマホより長い時間視野を満たしたいものが目の前にあるから。そうだよな、と思って私も、写真を撮ったらスマホをしまって、ただじっと魚の動きを見続けました。青い空間を見ていると、体が透明になって水の色に満たされていくような気分。

f:id:monyakata:20220412223132j:image

私がいちばん素敵だなぁと思っていること。それは、このイベントを作っているのが水族館のスタッフの皆さんだけではないということです、この素晴らしい空間のために、きちんとルールを守ってその場にいて、楽しんで、SNSで様子をシェアする。そのことで参加者もイベントを作っていることです。ひとりでしずかに、じーっといきものを好きなだけ見る。でも、他の人も見られるよう、ほどほどにして次へ。そういう、距離をとりつつ、会話は交わさなくても自然とお互いを思いやった大人のふるまい。それができるひとたちで形作られた「おひとりさまナイト水族館」というイベントが、とてもとても好きなのです。

 

あー、良かったなぁ。と思いながら中野栄駅まで歩く時間も好きです。暗くて交通量の多いバイパス沿いは決して気持ちがいい道ではないけど、頭の中は水族館での景色が次々思い浮かぶ。まあ、寒い季節はちょっとたいへんだけどね。

 

夜間用にスタッフを用意してこんな素敵なイベントを開催してくれる水族館の方々には本当に感謝です。

胃が痛い2022

高崎に行ってきました。素敵なゲストハウスで2泊し観光したんですが、胃が痛くて旅先で病院に駆け込む羽目に。胃潰瘍らしいけどまだ検査ができてなくて原因がわからないまま、痛さに怯えておそるおそる生きている。なんなのだもう。うんざりだ。
 
そもそもは前職の時から時々右下腹が痛くて気になっていた。そこは胃ではない。仕事が変わって、休みもとりやすくなったのである日病院に行った。
「腸の動きが悪いですね」
と言われた。便秘気味であるが便は一日一回は出ていた。年齢的に一度やりたいと思っていたので、大腸内視鏡検査を予約。
 
ところがその2週間後、今度は胃なのか、みぞおちの右当たりが痛くなった。痛くて痛くてねじれるようにグルグルと内臓が動いている。ずっと痛いわけではなく、食後1時間か2時間したら痛いような気がする。我慢できず同じ病院を受診。CTを撮ったが異常なし。
「内臓脂肪がなさすぎるが…びっくりするようなものは映っていないね」
内臓脂肪がないのはうれしい。それでも体脂肪率が高いのは皮下脂肪が多いということか。とにかく胃潰瘍の薬と痛いときの頓服でブスコパンを処方してもらって胃の内視鏡の予約もした。ただ、混んでいるので検査が一か月も先になってしまった。
ピロリ菌は2015年に除菌したはずだが、また再発したんだろうか…ちなみにブログには書いてなかったが2011年に除菌に失敗し2015年にまたやっている。それ以降、胃痛に悩まされることはあまりなかった。腸か胃がグルグルと腹の中で動く痛みは、あの痛みに似ている。妊娠後期に腹がでかくなって破裂しそうで苦しいとき、こんなかんじに息子が腹の中でぐりぐり動いていた。あの内臓を中から刺激される痛み。胃痛に苦しみつつもコロナの3回目ワクチン接種を終えた。
 
その後大腸内視鏡を受けた。これがまた大変だった。どう大変だったかはあまりに赤裸々な話なので有料コンテンツか何かでどっかで書くとしよう。
で、異常はなし。こんなに長年便秘なのでなにか異常があるんじゃないかと思っていたが…じゃあ右下腹の痛みはなんなんだろう。
胃痛のほうは胃に触らないようおかゆやうどん、inゼリーやカロリーメイトを食べていた。つまらない食生活は食い意地張っている私には辛く、良くなったと思って自己判断でビールを飲んだり唐揚げを食べたりして、また痛くなった。それを繰り返した。
一番ショックなのは、胃痛のために、楽しみにしていたビール女子のオンラインイベントを欠席してしまったことだ。反射炉ビアさんで作ったビール女子コラボのビール、「BENI HAZY」をみんなで飲みながら楽しむというイベント。ビール女子のイベントは初参加だったのに…冷蔵庫のBENI HAZYが目に入るたびに悔しくなる。
丸一日、サンピアに籠って湯治の真似事もしてみた。自宅でもなるべく家事は手抜きをして、ごろごろしながら一日に何度も風呂に入ったりした。
朝は調子がいい。なんでも食べられる気がしてしまう。午前中は痛くないこともある。ところが午後、2時か3時ぐらい少し痛くなり、夜21時過ぎは必ず痛くなった。特に風呂に入っていると、内臓がごろごろぐるぐるして気色が悪い。
それでも、比較的安定したようだったので高崎に行ったのだ。頓服の痛み止めも持参しなかった。
 
まん防が解除になって、息子の授業が始まる前、今のタイミングしかなかった。和食のお店を予約し、息子の成人祝いをするつもりだった。
ずっと行けなかった群馬の観光もする予定だった。ところがレンタカーを借りてドライブをした日、朝食を食べた後からとにかく右の腹が痛い。痛くて痛くて、脂汗をかきながら車を運転した。なんとか観光の目的地には行ったが、気が遠くなって事故るかと思った。ただでさえ車の運転は慣れていなくて怖いのに、まったく知らない道、しかも山道。夜の予約したお祝いの食事もキャンセル。早めに車を返却し、息子に頼んで病院を探してもらった。もう私、即入院?かと思ったが駆け込んだ病院での診察は、異常なし。持ってくるの忘れた頓服のお薬をだしてもらった。
薬を飲んだら落ち着いた。薬が効いたのか、朝以降inゼリーしか食べなかったせいなのか、わからない。
翌日もカロリーメイトとinゼリー、うどんだけで過ごして、胃痛となぜか下痢にも見舞われなんとか仙台に帰着。
 
どうも心配で、まったく別の病院にも行ってみた。しかし診断は同じ。そんなに急を要する状態ではない、と。あと2週間、胃の内視鏡まで薬を飲んで耐えるしかないのか。とにかく今度こそ、アルコールは断たなきゃいけない、消化に悪いものは避けなければならない。やわらかいものを少量だけ食べる食事を続けていたら、当たり前だが便秘が酷くなった。
処方された薬がなくなったので、病院に行き高崎での出来事を説明した。先生も首をひねっており、超音波の検査もすることになった。
 
はあ。まだまだ禁酒、胃腸の消化によいものを食べなければならない。
私が好きなおいしいものって、みんな消化に悪いものだ。
カレー、ラーメン、揚げ物、コーヒー、油いっぱい使ってるパン、スイーツ、てんぷら、肉、いも。 ビールもおいしそうなものがいっぱい発売されている。冷蔵庫には飲めずにたまったビールがたくさん入っている。本当に悲しい生活だ。
 
しかし本当になんなんだろうなぁ。やっぱり潰瘍なんだろうか。ピロリ菌もいないし、NSAIDS(解熱鎮痛剤)にもお世話になってないぞ。ストレス…は前の職場のほうが大きかったし。早く原因が判明して欲しい。すっきり直して、食べたいものを食べて飲みたいビールを飲める生活をしたい。
 
あ、仙台では桜が咲き始めましたが、花見は諦めました…

ジェーン・スー「ひとまず上出来」心理テストの結果に私も背筋が寒くなった

大好きなジェーン・スーさんの本「ひとまず上出来」の、ある章にあった心理テスト。

私こういうのたいてい信じないしやらないんだけど、ちょっと面白かったので紹介。

占いや心理テストは嫌いな人はこの先は読まなくてよいです。

続きを読む

食費リミットを外した結果

はじめに:食費がくっそみたいにかかった

前回、低所得者のくせに食費がかかりすぎた私のこんな顛末を書いた。

monyakata.hatenadiary.jp

 

最後に書いたように、10月は制限をしなかったんですよ。

そうしたらね。

 

食費が55,000円。

食費が55,000円。

食費が55,000円。

 

は?

なんで?

なんでこんな金額になるの?

 

いくらなんでも酷い。

子供二人いて一家四人でも多いと言われるくらいの額だ。

そんで一番問題なのは。私が今「なんで?」と思っていることだ。

 

その理由を洗い出して反省する

理由その1:飲みに行く回数が増えた。

9月は1回しか飲んでないのに10月は3回。

…でも、やっと仙台市の飲食店の時短要請が解けて飲めるようになったのが10/1だから、仕方ないじゃん!

行きつけには真っ先に行ったし、新しいクラフトビールの店もオープンしたし、今しかないと数年ぶりに学生時代からの行きつけの店に行って近況報告したし。

だって飲食店、行かなきゃ、つぶれちゃうんだよ。次々店がなくなっていくんだよ。大好きな飲み屋さんが…行きたいところがいっぱいあるのに。

…でも、今月は2回に抑えたいです。

どうかお金のあるみなさん、私の代わりに飲みに行ってください。

理由その2:ファミマに行き過ぎた。

ファミチキが好きでねぇ。ファミチキは週に一回は食べないといけない病にかかっている。だってファミチキのランキングとかあって…(おかげで100円引き券もらった)

だが10月は9月の1.5倍ファミマでお金を使っている。ファミチキだけで費用が1.5倍になるわけはない。ついでにお菓子とかパンとか買ったからだよ!9月は喉から手が出そうな思いをぐっと飲みこんで、涙か出そうなくらい食べたい気持ちを必死におさえつけてコンビニから帰ったというのに。

今月は我慢します。

理由その3:外食をしすぎた

8回も外食してしまった。でも、うち3回は「前からどーしてもどーしても行きたかったところ」だった。

9月は3回だけだった。11月も3回くらいに留めましょう!

夜外出するときもおにぎりを持参!

理由その4:ふつうにスーパーで買い物をしすぎた

スーパー等で食材や加工食品などを買った金額が10月は9月の倍だった。

ただ、これは本当に気分のいいものだった。必要だと思うものを、我慢、我慢、要らない、予算オーバー!!!と欲求を押さえつけるのではなく、すいすいと買ってしまう。ああ、スーパーで好きなもの買うって幸せなんだなあ!と思った。

ただ、買い物じたいはめんどくさいものだ。そのめんどくさいという気持ちを今後は大切にして、回数を減らして買わないようにしましょう。

体重が減った問題はどうなったか

9月は体重が減ってしまったので10月は制限やめると言いました。

が。

10月も結局体重は増えませんでした。

なんだってー。食費がこんなに増えて体重が増えないなんて。

だったら節制したほうがいいのではないか。

したいことイコール食べること、飲むこと

ここに、「〇〇するまでにしたい50のこと」というリストがある。(〇〇が何かは伏せておく、一応。誰がみるかわかんないしね)

このリストのほとんどが、

「△△を食べる」

「●●に飲みに行く」

で、占められているのである。私の「したいこと」、なんとレベルが低いことか。教養でも体験でもない。おしゃれもファッションも興味ない、満たしたい物欲もない。大脳新皮質を使っていないのでは。

けっきょく、いちばん私がしたいことって、旨いものを食べ、うまい酒を飲むこと、そのために生きているようなもんだ。

じゃあ、食費を制限するのって、生きている実感を得る行為を制限するってことではないか。

それで私が私らしくいられるなら、食費がかかってしまうのは、仕方がないのでは…

生活レベルを下げられない、を実感。

とはいえ低所得者はこんなに食費をかけては生きていけないのである。

ある程度のレベルで長年暮らしていた生活を、自分の所得に合ったレベルに下げるのは、難しい。

「夫がリストラされて収入が減り家計が赤字です」なんていう家計相談の事例を見ると、はっ、ぜいたくしてんじゃねぇよ!と、思っていたが、いざ自分がそうなると本当に大変だ。

ぜいたくしてんじゃねぇよ、自分。