仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

RubyKaigi2007

行って参りました。
ここはオフィシャルブログなのであまり変な事は書くつもりはないんですが、書いてしまおう。


ラブロマンス映画、ドラマ、小説、マンガ、しかり。誰かが誰かを愛し愛されている姿を見るのはなかなか感動的だったりします。
そしてそれを実感したのがこのRubyKaigiでした。
Rubyはブログラミング言語にすぎませんが、こんなに多くの人に愛されている言語、他にあるでしょうか。言語やツールを愛しても、決してオタクでもモテない人でもない、普通に素敵な人たちがそこにいました。会場は愛に満ちていました。
圧巻だったのは、Dave Thomasの最後の基調講演。英語の方は本当に印象づけるプレゼンがうまい。ゆっくりだったので私にも6割くらいは内容がわかりました。
プログラミングを子供に例えて、愛を語る。プレゼンの最後、一日目に撮っていたらしい会場の人々の写真が出て来て「Thank you」のあたりから涙腺が緩んできてしまいましたよ。(;_;)これはやられた。


その他いろいろ楽しい話題がでました。印象的だったのはまじろうとか、MDDとか。JRuby。ビジュアル系。モテる!というタイトルのプレゼンで実は全然モテないという落ちでしたが次回はチョイ悪Rubyで。モテるという観点でいうとまじろうとRubyCocoaの一番最初のデモ(リアルタイムで打ってく緊張感、頑張れ→おおおおー!!!)が一番よかったです。


Rubyコミュニティは女性が少ないらしいです。が、誰かと組んで来ていた人はけっこういましたね。関西は女子大で勉強会やってるそうですし。ただ、私のように一人で行って一人で聞いているのはやはり少ない。
そのせいか、会場寒すぎ!一日目、スタッフの方に言って温度あげてもらったのですが、男性は「暑い」と感じた人もいたようで。今後、フリースか毛布を持参すべきですね。って、仙台から持って行けないよ!


一つだけ気になってしまったのが、司会の方。言葉の選び方に気をつけてほしいと思いました。
「じゃぁ、まんなからへんの方」「そこの…しろい人」「ないですか」というのは、ちょっと。「では、中央○列目にいらっしゃる方お願いいたします」「では左側で白いシャツを来ていらっしゃる方お願いいたします」「よろしいでしょうか」が、司会として使うべき言葉では。敬語の使い方が間違っていてあれっと思った事もありましたし。おそらく時間がなくて練習したり人に見てもらう余裕がなかったのだと思いますが、発表メインとは言え司会も重要なのですから好印象を心がけてきちんと言葉を選んでほしいです。もちろん私と違ってちゃんと人前で喋ることができる方というのはそれだけで尊敬しちゃいますが。(私だったらマイクがあっても声が拾えないところです)…ううん、こんなこと書くと非難轟々かな。でも誰かが言わないとより良いものになならないから、書いちゃえ。


帰って来て、とにかく腰が痛くて困ってます。
ずっと椅子にすわりっぱなし+新幹線で移動というのは中年腰痛持ちにはきついなぁ。でも本当に楽しかった!
お金と家庭と仕事が許すならまた行きたい。そして…私もただ技術を利用するだけではなく、なにか貢献するようなことをしていきたいと思ったのでした。