読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

朝活:デッサン「A」第14回


今日も片平キャンパスに行きました。今しか描けないイチョウを描こう!と、今日は最初からターゲットを決めてましたよ。前回落葉樹を描いて新たな発見があったので、今回も落葉樹描きたくて。
雨がぱらぱら降っていた。自分が濡れるのはまったく気にしない(というか完全装備)なんだけど、紙が濡れてしまう。真っ黒になった小指で濡れたところをこすると微妙に色がつくのでおもしろい。でもこれからの季節、屋根があるところでないと描けないかなぁ。そういうの、あんまり楽しくないんだけど。
エクステンション棟の前にあるイチョウ。しかし絡んできている松の存在感が大きくてどうしても描いてしまった。ターゲット絞れてない。でも松と対比しながら描くのも面白かった。枝がしゅっと上に伸びていって、葉がまわりをぐるぐるまわるようについてる。桜のように、下向きな感じがない。元気なままで、散っていくような、イチョウはなかなかおもしろいね。

自宅の近所の薬師堂にも見事なイチョウがいくつかあって、枝の広がり方とか葉っぱの形とか違うので、これは種類の違いだろうか、雄雌の違いだろうかと調べたことがあるのだけど、雌雄関係なかったし、イチョウって1種類しかないんだよね。樹齢とか日のあたり方の違いかなぁ。ふわっと広がってるのと、しゅっと上に行ってるのとあるんだけど。ふしぎ。

とにかく、植物を描くのは面白い!秋は特に。