仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

たけのこのアク抜きは大根おろしの汁で

毎月「きょうの料理」の本を読んでます。NHKだからって馬鹿にしちゃいけない、これ、いろんなジャンルの料理が載ってて、本当に便利ですよ。応用もきくし。活用してます。いつもありがとう弟。
私が結構楽しみにしているのが「ゆっくりがおいしい」のページ。忙しい人にとって料理は「すぐ出来る」が良しとされているけど、あえて面倒で時間のかかる料理を載せています。
ところが4月号では、「ゆっくりがおいしい」に、従来の方法よりずっとお手軽な料理法が紹介されていました。テーマは「たけのこ」のです。

この時期出回る皮付きのたけのこ、アク抜きが面倒。ヌカと唐辛子を入れた湯でぐつぐつ煮て、そのまま冷えるまで放置…なんか、時間かかったわりには、水煮で売ってる奴とたいして…変わらんような…
ところが、「きょうの料理」の方法はとっても簡単。だいこんおろしを大量につくって、おろし汁を水で倍にうすめて、その中に切ったたけのこをつければいいんです。そのあとはだしで煮るなりごはんと炊くなりして使います。だいこんおろしが要るけど焼き魚でもする日についでに作ればいいよね。『たけのこ本来の旨味が味わえる』と書いてありましたのでさっそくやってみました。(きょうの料理のレシピ「たけのこご飯」にやり方がかいてあります)
おー、これはびっくり!なんといいますか、あえて表現するなら「枝豆みたいな空豆みたいな」そんな味です。おいしいです。これなら、わざわざ皮付きを買って来て作りたいっておもっちゃうよ。
みなさんもお試しあれ〜♪