仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

夏、青葉山

久しぶりの青葉山
バスを降りると、ひぐらしの声に出迎えられた。ひぐらしを聞くのは今年はじめて。嬉しかった。
センタースクエア建設のために工事が始まったばかりで、かつての広場は立ち入り禁止。広場に散在していた木のほとんどが切られて横倒しになり、緑の葉がしおれはじめているのがちょっと痛々しかった。ある木には「◯◯記念 記念樹」と札がかけられていたが扱いは同じ。
その後入った食堂でエアコンが故障しているのに気づいた。一言カードを見ると「修理不能です」…ああ、やっぱり、もう限界なんだね。建て直さなきゃいけないわけだ。

どんどん、どんどん、どんどん変わっていく、変わらざるをえない。
それでも私は青葉山が好きだ。思い出は消えない。様変わりしても好きだ。