仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな47歳、高校生男子の母。

酒日記1/5

  • クラフトマン仙台
  • 時間 20:20〜21:40
  • 飲んだもの
    • ベアレンクラシック(r)
    • 大山G・シトラ・デ・ヴァイス(s)
    • 常陸野ネスト セゾン・ドゥジャポン(s)
    • 鳴子の風ピーチエール(s)
  • 食べたもの
  • 会計 4329円
  • お店を出た後
    • バスの時間を考え早めに会計
    • 時間があったので電力ビルのトイレを借りる
    • ローソンでカフェインレスカフェラテ
    • バスで帰宅
  • 帰宅後の行動
    • 水2杯
    • ブドウ糖、ビタミンC摂取
    • インスタント味噌汁を飲む
    • 歯磨き
    • 洗顔
    • ストーブにあたりながらうたたねしてしまった
    • 23:30寝る
  • 酔い具合
    • 意識ははっきりしていたつもりだがやはり朦朧としていた
    • 脱ぎ散らかしてた
    • やっぱ酔っ払いすぎだったと思う
  • 体調
    • 帰宅時はひたすらいい気分
    • 5:20ごろ 喉の渇きと少し気持ち悪くて目覚める
    • 暑い
    • 布団ぐちゃぐちゃ
    • 体が乾燥している
    • 水を2杯のむ
    • 寝てもまだすぐ喉がかわく
    • 寝過ごし
    • 皮膚がガサガサ
    • だめ
  • 便通
    • 翌朝たいへんよろしい
  • 翌朝の体重
    • 普通に増えてしまった
  • 反省
    • ペースが早い
    • 一杯目から水を併用したほうがいい
    • ゆっくり飲もう
    • 4杯は多い、飲み過ぎ
    • 食べ物はそんなに多くなかったのでよかったと思いたい
    • 帰宅後は2回に分け水は4杯くらいは飲んでおこう
  • 収穫
    • スモール561円、レギュラー853円で料金が一律、メニューにアルコールのパーセンテージもあってGood
    • ビールの味覚マップがあって選びやすい
    • 子供用メニューもありファミリーにもよさげ
    • ピザを釜で焼いていた。誰かときたとき食べたい。他にもボリュームがある料理がいっぱいあった。
    • ブリとブロッコリーのマリネがすごくおいしい!!真似して自分で作りたいと思った
    • カウンターは週末でも空いているっぽい。一人でふらっと寄れる店として今後も愛用したい。

2017年の10大ニュース

年末恒例で今年一年を振り返ります。
去年の10大ニュースはこんなかんじでした。

monyakata.hatenadiary.jp


2017年もいろいろありましたねー。

1. 息子が高校生に

無事公立高校に合格し通っております。大変フリーダムな高校で友人にも恵まれ、部活も新たな運動系に挑戦し、楽しくやってるみたいでよかったなぁと思っています。ちなみに公立高校はよっぽど親の所得が高くない限り申請すれば授業料かかりません、ありがたやー。しかも家から近くて交通費もかからない。親孝行すぎる。
しかし去年の今頃は大変だった。冬季講習に加え、元日から特訓ゼミ、追加の単科ゼミ、各種模試、1月は1ヶ月で10万くらい飛んだのではなかろうか。気がつけば寝てばかりいる息子になにか言いたくて仕方なくてでも「本人ががんばらなければいけないのは一番わかっているし、一番焦っているんです」という先生の言葉を思い出し、ぐっとこらえて、平静を装い、お金はなくなっていくけど私はいつもどおりにしていました。親ができることなんて金を出すのと飯を食わせることぐらいですね。

2. ノラヤ利用者トラブル一時閉店

利用者とのトラブルで身の危険を感じ1ヶ月ほど閉店するという事態になりました。詳しくはノラヤ管理人ブログを参照していただくとして。
sendaiworkspace.hatenablog.com
警察に3回も連絡したり、防犯グッズを買ったり、いろいろ大変だったけど、この件をきっかけに「ノラヤ運営協議会」ができて、それがどうみても仙台最強のメンバーで、ほんと心強い。ありがたい。

3. 初マラソン、松島ハーフマラソンの10kmに出た

去年の11月ごろからじわじわと準備してついに!10/8、初マラソンしました。
monyakata.hatenadiary.jp
そんで次はハーフですけど、あと4ヶ月でハーフ走れるようになるんでしょうか?でも走るのは楽しいし尻トレと並行してがんばって挑みます。寒いけど暑い時走るよりずっとまし。
走るようになって人生が変わったというのは大げさかもしれませんが、エグゼクティブが走るというのがなんとなくわかるようになりました。10km近く走ると気分が全然違う、ものすごい自己肯定感が生まれて、「自分すごい!!!」感に満たされるんで、不思議です。
走るのは金がかからないと言いますがウェアとか帽子とかいろいろ買って、さらに欲しいものが次々出てきてしまうものなんですね。今は脈拍測れるやつが欲しいですよ。ちなみに、松島終わって自分にご褒美にちょっと立派な体重計買いました。体年齢が36〜38歳といつも表示されます。10才若いのは嬉しいですが、もっとがんばって35歳以下になりたい!!

4. RubyKaigi2017に行ってきた

もうずっとRubyもプログラミングもITも遠ざかっていたのですが、ちょっとかかわることになりました。
monyakata.hatenadiary.jp
今、来年のRubyKaigi2018に向けて、水面下で準備中です。久しぶりにRubyコミュニティの方々とやりとりするのは

5. まんが公開

こんなまんがを描いて公開しました。半年もかかったけど。
note.mu

monyakata.hatenadiary.jp
へんなおっさんの方々から「面白かった!」「仲良くしてください!」的な反応が来たのは想定外で困惑。しかしバイクに乗ってツーリングキャンプの話なんて、おっさんしか反応しない、当たり前だ。
そんで、次に描いたやつがあるんですけど、これ、ほんとに進まなくってページ数減らしたのに10ヶ月くらいかかっている……

6. サイエンスバー出張版開催

5月にノラヤでこれまでで最大規模のイベントを開催。前からネットでは交流のあった小波秀雄先生が仙台にいらっしゃるということで、この機会にとTHE6をお借りしてサイエンスバーの拡大版やっちゃいました。たくさんの方々に参加していただきました。
noraya-sendai.net

7. ノラヤが雑誌に載った!WORKMILLに掲載

WORKMILLという新創刊の働き方を考える雑誌に、ノラヤが載りました。なんと東北以北で唯一の掲載スペースです。
sendaiworkspace.hatenablog.com

8. 畑をやめた

ずっと借りていた若林区三本塚の畑を、やめました。
畑にかけていた時間を、今はランニングに費やしているかんじです。
実はもうちょっと近場の畑を、借りられるかも、という話があったんですが、ぽしゃってしまいました。
monyakata.hatenadiary.jp

9. 息子がスマホを買った

だって高校の連絡部活もなにもかも全部LINEなんだもん。入学してちょっとしてから買ったのは少数派だったけど。
スマホだけじゃなくいろいろと解禁してゲームもしまくっている。
なお息子がスマホを持ったからといって連絡がつきやすくなるわけでもない。

10. 父親より長生きした

47歳になったよ。46で死んだ父より長生き。しかし、もう充分生きたなぁ。周囲の年をかさねて面倒になる人々を見るにつけ、いまぐらいの年からいろいろエラーが出て劣化していって朽ちていくのは当たり前で、もうそういうの悪あがきせず受け入れるしかないんだろうなと思う。
そりゃこの世にうまいものもうまい酒も風光明媚な場所もあるのだろうけど、そういうの、結局食べたい飲みたい生きたいと思ううちに行けないのは、若い頃からそうだったし。

Canvaで楽させてもらいました!

Canvaのアドベントカレンダーがある!
adventar.org

コワーキングスペース運営者仲間の、JUSO Coworkingのちかよさんも書いていらっしゃるではないですか!
というわけで、私も参加してみることにしました。あいまいみーさんの
5分でおしゃれにできる! #Canva でつくる #年賀状 に変わる「メッセージカード」をつくろう!! - あいまいみーのきたろぐからバトンを引き継ぎました。


はい、Canvaというのはいわずもがな、これです。
www.canva.com

いわずもがな、と書いたのは、もう自分の周囲は誰でもCanva使っているんじゃないかってぐらいイベント告知画像がいかにもCanvaばっかりになっているからです。
知らなかった人は、使いましょう!

コワーキングスペース運営していると、イベント告知画像に悩みます。
Photoshop使ってぱくたそで素材をあさって、手持ちの写真や素材を組み合わせて加工して……
イベント運営するのに、50%ぐらいこの画像作成に時間がかかっているんじゃないかってぐらい…しかもウェブサイト(WordPress)、Facebook、connpass、その他のイベント登録サイト、それぞれサイズ違ってていちいち作るのめんどくさい。
それに私のMac古いからPhotoshop起動するだけで時間かかってつらい。
労力かけたわりに、デザインセンスも技術もないから、くそださい画像になってつらい。
あまりにめんどうな時はフリー画像一枚貼るだけで済ましていました。

そんな時Canvaの存在を知りました。
ブラウザで画像作れて無料で。そういうの、前にもあったような気がするんだけど、いまいちなんでしょ?
と思ったら、これが、なかなか、いい!
慣れるまでちょっと時間がかかりましたが、Canvaのお作法が身についたらもう、なんでもこれでいいようになりました。
イベント告知画像はもちろん。名刺。フライヤー。カード。ちょっとした画像。

これは便利だと思ったので、ノラヤを会場に勉強会をしているKnowledge BBQさんに「Canvaの勉強会しませんか?私、講師やります。みんなでもくもく作りましょう」と提案しました。
そこで8/19(土)、第7回仙台ゆるふわweb勉強会で「Canva」を勉強することに。
knowledge-bbq.connpass.com

この時は、Canvaの使い方をさらっと説明したあと、みんなで「仙台ゆるふわweb勉強会」のカードデザインコンテストを行いました。短時間でしたがみんな個性溢れる素敵なデザインを作ってくれました。優勝した方のデザインのカードは実際に印刷され使用されています。ノラヤにもあります。
f:id:monyakata:20171224211621j:plain



講師をやるためCanvaを使い倒してみて、ますますその魅力に取り憑かれました。
個人的に気に入っているのをいくつかご紹介します。

うわっ……ノラヤの売り上げ低過ぎ。これはグラフを使ってみたものです。なんとシンプルなグラフも書ける。CSVもインポートできる。
f:id:monyakata:20171224211744p:plain

ノラヤ利用者向け、静かに使っていたいとき用「話しかけないでください」カード。これは素材として用意されているイラストを活用。残念ながら使われる機会がない。
f:id:monyakata:20170828145404j:plain


これはスマホアプリの方でさくっと作ったやつ。写真を撮って、そのままコンビニの店先でwifi使って作ったやつです。めちゃくちゃRTされました。


そして、ノラヤ4周年記念宴会での、恒例、4周年記念プレゼン。スライドも作れるんですよ!30枚までだけど。

www.slideshare.net


Canvaと出会ってから、画像作んなきゃと思ったらまずCanvaを開くようになりました。
ほんと、Photoshopも要らないし、Keynoteも要らない。

個人的には、いかにもCanva風じゃないデザインを作れるようになりたい。最近は、フォントの「チェックポイント」は避けようと思っています。
あ、あと、要望もあります、ちょっと不安定でいまいちいけてないところもまだまだあるので、そこが改善されていくと嬉しい……簡単なベクトルデータを扱ってほしい……ベジェ曲線ちょっとだけ書けたら、Illustratorも要らなくなる……


そんなわけでCanvaには興味津々だったのに、12/2に仙台でCanva Caravanがあったの知らなかった。悲しい。Canva使いの方々と交流したかったよう!次回は見逃さないようにします!

はい、Advent Calendarで大幅に遅刻しちゃいましたが書きました。
次回は Takeshi Oharaさんです!

「はじめてのIT勉強会 in 仙台」主催の「はじめての人のためのコミュニティミーティング」に行ってみた

f:id:monyakata:20171209150840j:plain f:id:monyakata:20171209130234j:plain
2017年12月9日(土)、こちらに参加してきました!

lets-go-study-meeting.connpass.com

こちらの「はじめてのIT勉強会 in 仙台」は、最近立ち上がったコミュニティで、勉強会初心者で勉強会が怖い慣れていないそういう人にも敷居を低くしてあげようと謳っています。
で、今回は仙台のいろんな勉強会コミュニティが集合ということで、私は勉強会初心者どころか老人なんですけど行って参りました。目的は3つ。

1. Knowledge BBQさんの応援。
いわずもがな、私の運営するコワーキングスペース「ノラヤ」で勉強会をしてくださっている「Knowledge BBQ」さん。とてもいい雰囲気で楽しい勉強会なので、多くの人に知ってもらいたく。
2. ノラヤの宣伝。
で、そんなKnowledgeBBQさんみたいに、ノラヤで少人数の勉強会できるよーと。
3. RubyKaigiの宣伝とRubyistを探す。
これがメインだったかもしれない。
とにかく今のITコミュニティがどうなってるんだか、さっぱりわからないし、今のITコミュニティにいる人たちも私を知らないと思うのでRubyKaigiに備えて状況を把握し、顔を売っておきたいのだった。

現地に到着すれば、1年〜数年ぶりの懐かしい人たち(といってもSNS上では良く見ている)がたくさん。「ああひさしぶりー」みたいな挨拶を交わした。一般参加者席を見れば、20代〜30代と思われる若手がほとんど。後でわかったのだけど、実は高校生をはじめ学生さんの参加者が半数近くいたという。仙台のITコミュニティおっさんばっかりのイメージがあったので、これは本当に嬉しいことだ。女性もちらほら。相変わらず1%くらいだけど。

今回の勉強会は、仙台にいるITコミュニティが集まり、代表が登壇。簡単に説明したあと、司会の佐藤さん(@luckbizzoさん)がいろんな話題を振って語ってもらう流れ。
なお、会場後ろには登壇しないコミュニティも含めブースが設けられ、コミュニティの人が待機している。今回ありがたいことに、私もブース席を作ってもらい、ノラヤとRubyKaigiのチラシとステッカーを並べさせてもらった。(今思い出した、ノラヤのステッカー配るの忘れた。)ちなみに、RubyKaigiのフライヤーは急遽RubyKaigiの運営スタッフに相談して作ってもらったものです。ステッカーは高橋会長にわざわざ送っていただきました。ありがとうございました。

f:id:monyakata:20171209132347j:plain

会がはじまると、いろんなコミュニティが次々と紹介されていった。緊張しまくっている人、喋り慣れている人、偉そうな人、小心そうな人。総じてみんな普通の人。
昔関わっていたCoderDojo Sendaiでは増量した砂金さんが出て来た。CoderDojo Sendaiって今動いてるのかな。Izumiだけかも。
グローバルラボの篠原さんが「みなさん大学で学んだことを社会に出て生かしていますか?生かせてないですよね!大学で即戦力を育てるよう教育を変えたい」というようなことを言っていたのには違和感を感じた。大学で即役に立つ内容ばかり重視してやるようになったら、基礎研究がどんどん死んでしまうと私は思うので。
すくすくScrumのナイスガイ半谷さんはいきなり握手しまくりのアイスブレイクを行い、会場の温度を5度上げた。
我らがKnowledgeBBQのキムタクさんは、めちゃくちゃ緊張していたみたいだけど、がんばってアピールしていた。
登壇したコミュニティは全部で11個。すごい数だ。司会の佐藤さんは話を引き出すのがとても上手くて、緊張気味の会場の雰囲気を和らげ、笑いも誘いつつ、なごやかに会を進行していく。

会場からの質問で盛り上がったのは「勉強会の集客をどうしているのか」。これは大昔から解決していない問題だ。ほぼすべてのコミュニティが人集めに悩んでいることが明らかになった。会社や学校、リアルな知り合いに頼るのもあるけれど、かつてはML、今SNSを活用しても、限界があるのはみんな実感しているだろう。土地柄、東北人の引っ込み思案なところもあるかもしれない。そういった悩みがあるからこそ、この日たくさんのコミュニティが集まり、最大規模のイベントとなったのだろう。
そういえば以前は「クロスコミュニティ忘年会」があったけど、コミュニティが混じる場が今後も定期的にあるといいかもしれない。

アピールタイムでは、私もちょっとだけ出させてもらって、RubyKaigiの宣伝をした。(ノラヤの宣伝もしようと思ったのに忘れた。)意外と「RubyKaigi」というと「おおっ!」と反応があり、RubyistでなくてもRubyKaigiの知名度が仙台でもそこそこあることが驚きだった。
ピザを食べながら(残念ながらビールはない)の懇親会では、たくさんの方が話しかけてきて「RubyKaigi興味あります!」「Ruby仕事でやってます!」「Rubyはじめました!」「手伝えることがあったら協力します!」と言ってくださった。嬉しい。いるところにはいるんだ、Rubyist。RubyKaigi経験者もちらほらいて、心強く思った。
とはいえ、具体的に、ではこれを協力してくださいということはまだなんにも言えなくて、ちょっとはがゆい感じだったけど、つながりができたのはありがたいことだなぁと思う。これから仲良くしましょう。
それから、twitterでしかやりとりしたことない人とも実際会えた。ただ、IDと名前がちゃんと一致していないかもしれない。
ノラヤに興味をもってくれた人もいた。勉強会やりたいという人もいた。やっぱり人の集まるところに出かけていくのは大事だ。

「コミュニティに参加して、失うものは何もない」
という、名言が(たしか)佐藤さんから出た。
10年前コミュニティどっぷりだった自分が、コミュニティから遠のいた経緯を思い出した。なにしろコミュニティに参加できるというのは、限られた恵まれた人たちなのだ。いろいろ活動したくでもできない人がたーくさんいる。私はずっと子育てその他家庭の事情で活動を制限せざるを得なかった。10年ほど経って息子が高校生になってようやく、土日や夜に出歩けるようになったのだ。
だから独身で若くて背負うものがないのに、ただ悶々と「でもコミュ障だし」「自分に自信ないし」と思ってコミュニティ活動に参加しないとしたら、ふっっっざけんなと言いたい。
それでも、ITコミュニティは猛者ばかりが集って怖いイメージがあるなら、はじめてのIT勉強会や仙台ゆるふわWeb勉強会は初心者に優しいので第一歩にいいと思う。

終わった後にアルコールありの懇親会があったようだけど、前日も飲んだので、家に帰ってしまった。あとから考えるとやっぱり出ればよかった。
主催のみなさん、そして出会えたみなさん、ありがとうございました。

※RubyKaigiについてはこちらのブログもご覧ください。
monyakata.hatenadiary.jp

自己肯定感が得られたかったら

自分がとんでもないダメ人間であるのは知っているし、ノラヤが潰れた後はどうなるのかさっぱりわからないし、先が見えない、金ない、時間ない、若さもない。
まぁ、落ち込みますよね。時々、キラキラしたFacebookの起業家たちや、コワーキングスペース運営者たちや、仕事ばりばり頑張っている人を見て、月収が20万以上どころか50万とか100万とか貰っている世界を見て、なぜ私はこんな状態で47歳になってしまったのだろうなぁと思う。47だよ47。
多分月収20万以上なんて一生縁がないんだろうな。

落ち込んでいるときは、ただただ、ぐだぐだとブログやらtwitterやらfbに「俺はこんなにダメだ」みたいなのを吐き散らし、楽になるどころか、それを見てさらに自己嫌悪に陥る。
わかっちゃいるけど辞められない。

そういう時に、俺ってばスゲー感をてっとりばやく得られるといいのですが、難しいですね。ただ、前向き気分になれる一陣の風がほしい。気分さえ晴れたら、多分変わる。


落ち込みを脱して前向きになろう!と思ってやりがちで効果ないのはこういうやつです。
1. 身内、まわりの人、恋人になぐさめてもらう、はげましてもらう
知り合いは駄目です、こっちが申し訳なくなるし、落ち込んでいる姿を見るのが辛いから慰めたり励ましたりしているんだろう、結局自分のためだろう、本当は俺のことなんでどうでもいいんだ……とか思って余計嫌な気分になりがち。
2. ひたすら考える
堂々巡りするばっかりで解決策なんて生まれない。
3. ひたすら目の前のことをこなす
正解と言われますがやっぱり気分は良くないし効率が悪い。
4. 自分の好きなことをする
好きなことをしていても気分が後ろ向きだと楽しくない。
5. 自分にごほうび、自分をあまやかすと称して買い物をする、美味しいものを食べる、ぱーっと飲む
金が減るだけだし体重が増えるだけ。幸せは一瞬で去る。また依存性もあるので危険。
6. 過去の栄光にひたる
過去の自分がこんなにがんばっていたんだ、自分はまだまだ大丈夫!と思いたくても「でも今の自分がおちぶれたってことなんだ……」と余計落ち込む。

ではどうしたらいいのでしょう。私が考える脱出の仕方は大きくわけて2つ。
1. 世のため人のためにいいことをする
2. インプットに身をまかせる

1. 世のため人のためにいいことをする
駄目な自分に向き合ってなんとかしようというのが間違い、他人にいいことをしよう。

【具体例その1. 募金や寄付をする】
手続きがめんどくさいほど、やった感が出て良いです。見返りがないものほど良いです。
たまったTポイントを寄付する。
スーパーの買い物の際にレジで寄付。(バッグいりませんカードとともに、寄付のカードがあったりします)
出身大学に寄付。(東北大学は説明がPDFで申請が必要だったりしてたいへんめんどくさくて、良い
財布の小銭をコンビニの募金箱に。(これはあまりめんどくさくないのでいまいち)
こういう、誰にも「ありがとうございます」って言われない、見返りもないのにいいことをしたぞ、みたいなのはちょっと自己肯定感が生まれます。
難点は、お金がないとできないことです。逆に言えば、お金さえあればできます。


【具体例その2. 献血をする】
献血楽しいよ。献血しましょう。献血は、めんどくさい良いことなのでほんと気分良くなります。献血ルームがいいですよ。
がーって血液を採取している間は「体重が減っていく……」って感じが素敵。終わってからは休養という大義名分があるので休養ルームでのんびりできます。マッサージ椅子に座ったり雑誌読んだりお菓子食べたり飲み物飲んだり、ぼーっとテレビ見たり。たしかWifiもあったような……「けんけつちゃん」のご当地ボールペンも貰えます。
献血の難点は、年に数回しかできないことと、検査をパスしないとできないことです。その特権感がまた良いです。やったことがなくてなんか怖いと思っているなら、まー一度行ってみたらと言いたい。お金がなくてもできます。クリスマスに献血するとケーキもらえるそうです。さっき体重が減るのが気分いいとか言いましたが、こまかいこた気にしない。


2. インプットに身をまかせる
自分の中でひとつの考えがぐるぐる回っているからよろしくないので、他のことをがーっとインプットして一旦消し去りましょう。消し去った後、また元の人生に戻っても、ちょっと違うはずです。あれっと思うようないい考えが浮かんだりします。

【具体例その1. 映画や連ドラを見る】
映画はまったく違う世界のまったく違う人生に浸れる良い手段です。世界が広がる、と良く言われます。知識が増えるというメリットもあります。冷静な人ならいろいろつっこみながら見るだろうけど。つっこみながらでも、自分がぐるぐる悩んでいることは一旦薄れます。連ドラをまとめて見るのもいいです。海外とか自分から遠いところの話ほど忘れられます。

【具体例その2. 一人で旅に出る】
見知らぬ土地へ一人で行きます。個人的にはバイクがおすすめですが免許とバイクがないと行けない……大変な旅ほど考える余裕がなくていいですよ。普通の快適な乗り物だと考え事できちゃうし。移動手段が快適なら訪問先をいっぱい設定する。博物館とか美術館とか、史跡名勝とか、行きまくって、目から耳から大量にインプットする。



毎日が充実して仕事で家庭でプライベートで太陽光のように自己肯定感が得られている人は、どれぐらいいるのでしょうか。キラッキラッと白い歯を見せて大きな声で肯定的なことを語る人より、俺はもう駄目だ、と飲み屋のカウンターに突っ伏すような駄目人間のほうが、私は好感が持てます。ただ「そばにいると嫌な気分になる人」になっては駄目です。嫌な気分になる人と一緒に時間を過ごすほど、人は暇ではありません。
根拠のない自己肯定感をときどき補充して、ふわふわと楽しく生きましょう。

洋服のレンタルサービスを3ヶ月だけ利用してみた

服を買って、使う機会がないまま、しまいこみ、何年もして捨てる。私はよくそんなことがある。
普段はジーンズとシャツばっかり。バイトのため、というのと、バイクに乗るから、というのもあるが暑かったり寒かったりする時に対応が楽だからだ。
でも、月に数回、飲み会とか、ちょっとした集まりに出たりとか、そういうときはジーンズじゃなくて違う格好がしたくなる。
その時のためにと思って、ちょっと違う服を買う。買った時は気分が上がるのだ。これを来ておでかけする自分を想像して最高にわくわくする。
しかし、いざ、おでかけする機会となって、買った服を引っ張り出しても、合わせる靴がない。バッグがない。上と下が合わない、着てみてもなんかへん……で、結局着慣れたジーンズとシャツで飛び出していくことがよくある。
多分、服選びが下手なのだ。上と下と靴とバッグ、全身セットで買えばいいのかもしれないが、金持ちじゃないから無理だ。

着る機会のないタンスの肥やしをこれ以上増やしたくなくて、洋服のレンタルサービスをしてみた。3ヶ月だけ。(3ヶ月継続すると安いから)
こちらの「EDIST」を。
【EDIST. CLOSET】ファッション・洋服レンタルサービス

3〜4着が1ヶ月に一回、届く。(3着だと月額料金が割引)アイテムは、ブラウス、カットソーなどのトップス、スカートやパンツなどのボトムス、ワンピース。トップスとボトムスでセットアップになるアイテムもあり。

月々、8964円。3ヶ月たったので先日退会した。もし、良いなと思ったら継続しようと思ったんだけど、ちょっと難しかったですね。

良かった点
1. 多分自分が一生買わなそうな服を試せた
がばっと首のあいたブラウス。はやりのワイドパンツ。タックのたくさん入った足首までのパンツ。私は絶対自分では選ばない。そして、濃いピンクや茶色がかったはっきりしたオレンジ。これも私がまず選ばない色。そういうものにチャレンジできた。悪くないなと思った。
2. 褒められた
いつも服に悩むのが美容院に行く時。ジーンズでは行けないなぁと思う。でも、EDISTのコーディネイトで行くと褒められた。

残念だった点
1. 寒い
全体的にとろとろ薄手の布地、ゆるやかシルエット、襟元ががばーっと開く、ブラジャーの紐が見えそう。パンツの丈は足首まで。なので、東北では圧倒的に寒いのだった。ヒートテックを来ても襟から見えるのだ。
これは仙台がそもそも悪いのだが、うだるような暑さがすぎるといきなり涼しくなり、秋はすぐに過ぎ、あっという間にフリースやヒートテックが必要となる。そんな時期に届いていたのがサマーな服だった。首都圏ならいいのだろう。だが東北では、着れない。
2. 着る機会がない
着る機会は、多い月で3日、少ない月は1日だった。だから結局一度も着ない服もあった。
いや、素敵な服があればおでかけしたくなるんじゃないかとも思ったよ。それでちょっとライフスタイルが変わるかなーとも、ね。でも、おしゃれして街に出るのはなんだかんだいってめんどくさいし、お金も減るし、太るの嫌だし、週末はランニングするし、結局暮らしはいままでどおり。

普段着にむりくり合わせてみようともしたけど、やっぱバイクと自転車メインのライフスタイル的に、無理なんだよなぁ。
飲みに行く時と美容院に行く時、悩まずに済んだのは楽だった。だけど、その1〜3日のために、月々8964円も出せる?と思ったら、やっぱり「否」。

そういえば途中でプレゼントキャンペーンをやっていて、「好きな服を一ヶ月分ワンセットもらえる」のだったけれど、そもそもろくに着ない服をタンスの肥やしにするのが嫌だったので、服を増やすことには惹かれず、そんなにほしい服でもなかったので、辞退した。もらってリサイクルショップに出すということも考えたが、それはあまりに鬼畜ではないかと思ったし。

EDISTの服は、寒い点を除けば、私ぐらいの30〜40世代のコーディネイトとして悪くなかったです。普通のライフスタイルの普通の女性にとっては使えるものだったのではないかと思います。
おそらく、私の人生にとって、服のおしゃれってそんなにウェイトの高いものではないんだろうな。見た目より機能、って思うからアウトドア系ばっかりになる。

私にとって多分、3,4着は多すぎると思う。組み合わせでワンピースに見えるセットアップ一着だけでいい、それを月2000円で貸してくれたら……2000円で1枚買えるかもしれないけどさ、服増やしたくないし。

そのへんの人に「そのワンピース、2000円出すから3日貸して」って言いたい。ていうか私の着ないワンピースも貸したい。EDISTと一緒で洗濯しなくていいから。
そういうサービス、国外だとありそうだ。日本にはないだろうなぁ。

airclosetもあるけど、なんか好みじゃなかったんで。でも気が向いたらこちらも試してみたいです。

「生涯未婚時代」永田夏来、と「逃げるは恥だが役に立つ」海野つなみ

phaさんと永田さんの対談を読んだ。とても面白かった。phaさんは言わずと知れたニートの人。私も本を持ってる。寮出身だからphaさんの感覚、すごくわかる。永田さんも「家族は基本しんどい」とか、内心思ってたことをストレートに言っちゃうので、興味がわいた。
www.gentosha.jp

で、この本も読んでみることにした。

生涯未婚時代 (イースト新書)

生涯未婚時代 (イースト新書)

生涯未婚時代。うん、そのとおりだと思う。未婚の30代40代は私の周りにたくさんいる。子供がいない夫婦も多い。だから私みたいに結婚して子供がいるほうが少ないように思う。そして私はそういう人たちにいちいち「結婚しろ」とか「子供産め」とか言わない。逆に「結婚したい!」という人にはなんでそんなに結婚したいんだろうと思う。ちなみに妊娠先行型結婚(できちゃった結婚)は周囲にとても少ない。

私は前から、宮城県のこのプロジェクトにすごく違和感を抱いていた。
結婚・出産・子育てってほんとは楽しい!を調べるプロジェクト - 宮城県公式ウェブサイト
大学生たちに「結婚・出産・子育ては楽しいことを体験して伝えてもらう」って、そもそも、なんでその3つが楽しいと決めつけられんの?楽しいかどうかって個人の感情じゃない。 現実としてさあ、楽しいことばかりではなくて辛くてしょうがないこといっぱいだよ?だから悲しい事件がいっぱい起きてんだから、楽しくなくても子供できちゃった場合ちゃんと育てられるようにしてあけるのがお役所のすることじゃないのか!?
このページの末尾のPDFとか、ポジティブなことしか書いてなくて逆に恐ろしい。こんなん読んでみんな結婚出産すると思ってんだろうか。
なんというかお上はいつまでたっても頭がお花畑である。だから多分年配の方からすれば、この「生涯未婚時代」に書いてあることにも反感を持つだろうし、けしからんとか言う人もいるだろう。

本書では「昭和の人生すごろく」という言葉が出てくるのだけど、すごろくのようにしかるべきイベントをひとつひとつこなしていって(就職、結婚、自宅購入、子供つくる、出世…)それでみんなしかるべき人生を生きるものだという価値観のことだ。イベントを越えられなければ「休み」でコマを進められない……それが当たり前だからみんな結婚したがった。
でも、もう昭和じゃない。

仕事、価値観、育児のしやすさ。なにもかも、違う。
結婚、出産、育児によって得られる「メリット」が、「デメリット」を上回る、と先に紹介した宮城県の事業のPDFにも書いてあるけど、必ずしもすべての人がそうではない。

いまや仕事なんてだまってりゃいつまでも給料上がって昇進して勤められるわけじゃない。別にぜーたく言ってるわけじゃない。いつ、ぷつんと切れるかわからない。
転職は私のまわりでも当たり前だし、フリーになるのも当たり前だし、会社が潰れるのも当たり前。持ち家なんてあったらフットワーク軽く別の場所で働くこともできない。家族も一緒に連れ回せるのはごく限られた層ではないか。

私は、自分が結婚して出産して育児した上で、本当に「わざわざ、結婚、出産、育児の人生を選ぶのは相当大変だから覚悟したほうがいい」と思う。昭和の人生すごろくは、一度乗ってしまったら、ルートを外れたら失格。この道は間違ってた、と思って外れた道は藪。特に女性はねぇ。

相変わらず「昭和の人生すごろく」を進むべき道と信じて、「結婚したい」って焦っている中年、いるんだよね。なんで結婚したいのか聞くと「嫁さんがいると部屋が綺麗になる、飯が自動的に出てくる」って、なんだよ、ようは生活のめんどくさいことを配偶者に押し付けて仕事だけできるから結婚したいってんだろー、昭和かよ!と思う。

とにかくだ。今はこういう世の中なのであり「君はまだ独身なのかね」「なんで子供作らないのかね」「二人目はなんで作らないのかね」とか失礼なことを言って無駄に人を鬱に追いやらないでいただきたい。あなたの時代とは違うんです。
ちなみに私になんで一人っ子なのとか言う人はこの流産体験記を読みやがれ。

ところで、この本の中で逃げ恥が紹介されていたので、興味を持った。逃げ恥は星野源が歌って新垣結衣が踊るやつ、ぐらいしか認識がなく、私はあまのじゃくなので流行ってるものには手を出さないのである。でも興味深いテーマを扱ったマンガだということを知って、マンガだけレンタルで読みました。ドラマを見るのは時間がかかるので、余裕ができたときに、と思って。

永田さんが言及していたように、やっぱり私も百合ちゃんが気になった。「生涯未婚時代」では百合ちゃんをドラマに準じて説明していたのだけど、まんがの百合ちゃんはもっと年上で52才なので、風見さんとの年の差はさらにすごいことになっている。すごいな……私も27才の人と恋愛できるかもしれない、と、まんがであることを忘れてどうでもいい希望がわいた。
ドラマでも原作でもあった百合ちゃんの決め台詞「呪い」は、やっぱり「よくぞ言ってくれた!」っていう気分になるね。嬉しい。年を取ってしまったことを恥じる必要は何もない。あのセリフは百合ちゃんの覚悟も含まれていると思うけど、たとえ誰からも愛されなくても、自分の歩いてきた道は20年若い奴よりも輝いていると思いたい。