仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな49歳、高校生男子の母。

びあけん3級と2級合格、さらにラッキー

びあけん、無事合格することができました。

受験記はこちら。

monyakata.hatenadiary.jp

 

満点には程遠かったですが、満足できる結果です。

f:id:monyakata:20191213151823p:plain

 

あっ、合格祝いのビールチケットあるんだった。銀座ライオンに行って使わないと。

f:id:monyakata:20191127141351j:plain

 

そんで、合格通知の少し前、ラッキーなことがありました。

f:id:monyakata:20191117190758j:plain

びあけん受験者にアンケートがあったのですが、回答者の中から抽選で10名様に、ビールの勉強に役立つものプレゼント、ていうのに当たってしまったのですよ!!

本2冊。一冊は、たくさんのビールが鑑賞できて勉強できる「ビールの図鑑ミニ」。

ビールの図鑑ミニ (マイナビ文庫)

ビールの図鑑ミニ (マイナビ文庫)

 

 もう一冊は、サッポロの端田晶さんのエッセイ。びあけんの顧問の方だそうです。おっさんテイストの文だけど(そして奥さんを「愚妻」と表現し恐妻を演出してるのが気に入らないけど)楽しく読めました。

ビール今昔そもそも論 (ジョルダンブックス)

ビール今昔そもそも論 (ジョルダンブックス)

  • 作者:端田 晶
  • 出版社/メーカー: ジョルダン
  • 発売日: 2018/07/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

そして、ビール作りのボードゲーム「Hoppin' Garage」!

くわしくはこちら。

www.hoppin-garage.com

これ、プレイしてみたいけど3人以上じゃないとできないので、誰かとHoppin' Garageをプレイする会をしてみたい。

 

…という豪華なものをいただけまして、今年の運は使い尽くして終わるようです。

びあけん受験者アンケートでは「仙台でびあけんを開催してほしい!」と要望したので熱意が届くといいな。

 

びあけん合格者にはびあけん合格認定証やびあけん名刺などを作ることができる権利が与えられています。まぁ有料です。

そんなお金ないしべつに、と思っていたけど、しばらくして気付きました。今ましな名刺がなくて、名刺交換のときに不便だと。

最近で一番自慢できる資格だし、何者でもない私にはちょうどいいかな。よし、名刺作ろう。

と思って申し込み用紙を見ると、期限が昨日で切れていた……

思い立ったらすぐやらなきゃだめじゃんかよ私のバカ。

f:id:monyakata:20191213150556j:plain

 

びあけんの1級は合格率が10%以下だし、また東京まで旅費をかけていけるほど、今後の人生に余裕があるとも思えないので、受験することはないでしょう。

 

仙台在住でびあけんについて知りたい方がいたらぜひ飲みながらお話したいものです。

 

前にも書いたけど、びあけんのおかげでビールをより楽しむことができるようになりました。おすすめです。今後もビールライフを楽しんでいきたいと思います。

10/6(日)松島ハーフマラソン完走!!

またまた1ヶ月も前の出来事を思い出してブログに書いてます。

ついに松島ハーフマラソンのハーフの部に出て、完走することができましたー!やったー。いやーこんな日がくるとはー。

松島ハーフマラソンはこれまで2回、10kmの部に出てました。これで正真正銘松島ハーフマラソンを走ったことになり、「松島ハーフマラソンの10km走った!」「え?ハーフなの10kmなの?」という混乱は生じません。(けっこう説明がめんどくさかった)

 

思い起こせば、松島ハーフマラソンに出よう!と思い立ったのが2016年の10月だったようです。3年かけてここまで来たよ。monyakata.hatenadiary.jp

 

松島じゃないハーフは出てたんだけど、松島ってコースが坂だらけなのが特徴。だからきっついのです。完走率もフラットなコースに比べると低いと聞きます。だから特別な達成感があります!

 

今回はコースが一部変更になったのが話題になってましたが、ハーフを初めて走る私は「そんなことより、どうか気温が上がりすぎませんように!」と神に祈ってました。

だって初めて走った2017年も、2018年も、30度近い気温だったのですから。距離的には走ろうと思えば走れるけど、熱中症だけは避けたい。

遠野と同じく、塩分補給用のジェルを用意して、直前に梅干しも一気ぐいしてのぞみました。

すると幸い気温は20℃前後。想定より随分低くて助かりました!

このように雲多めでした。

f:id:monyakata:20191114201526j:image

さて、はじめての松島のハーフは、スタートからしてこれまで出て来たマラソンと違う。本気の人が多く、のんびり走ってたら、うしろからばんばん抜かれて、ぶつかりまくる!さらに抜くために歩道も路肩も走る人いるんだわ!いやちょっと危ないでしょー。転んで側溝に落ちた人もいた。いやー、松島こわっ!

でも私は遠野の時と同じく、あせらず前半は抑える方針でいきました。ぶつかられると怖いから周囲に気を配りながら走りました。坂がつぎつぎ現れますが、「知事公館の横よりまし!」と気合いで乗り切りました。

10kmの折り返しまで来ると「10キロってここで折り返しかあ、楽だよな」と感慨深い。キロ数表示のところに、なぞのキャラBASHOUの一言と、松島ハーフマラソン川柳が載ってて、見るたび脱力する。正直「次は坂じゃ!」とか予告しなくていいから!無で走らせてくれ!と思いました。

野蒜駅が見えてきて「もうすぐ半分だ」と思うけど実はまだ先は長かった。野蒜駅では青い鯉のぼりと太鼓の演奏があって、多くの人が声援を送ってくれたが、こういう感動系をランニング途中に見ると、やばいんですよ、息苦しくなって呼吸困難になって死にそうになる!ギリギリで走ってるへなへなランナーを感動させるのやめてくれ!これ私だけでしょうか?本当に応援はありがたいんです、ありがとうございます、でも、死ぬ……やばい。「呼吸困難になったときは息を『吸う』より『吐く』を意識して、深くゆっくり吐く」を思い出してその通りにしてなんとか復活しました。

で、やっぱり折り返しのあとは気分が楽。時間制限ポイントもちゃんとクリア!よっしゃ完走できそう!と思ってからは、「ふふふ、ゴールしたら牡蠣汁…そんで温泉…ビール!」と、気楽に走りました。が、何があるかわからない、気を抜いてはいけない、それこそ、転ぶかもしれないし。

ハーフの場合、困っちゃうのがトイレ。私は特にトイレが近い方で、よっぽど途中で入ろうかなーと思ったけど、なんとか我慢しました。遠野の場合はだらだら汗かいたのでトイレはそんなに逼迫してなかったけど、松島はちょっと辛かった。

ゴール近くの家がいっぱいあるエリアにくると、やっぱりちょっと感動モードに入ります。沿道のたくさんの人が声援送ってくれるし。中にはすでにゴールして記念品を手にしたランナーも。速い人いいなぁー。

沿道の声援も「がんばれー!もうすこしでビールが待っているぞー!」なんていうのもあったりして。そうですよ!ビールですよ!私はビールのために走ってるんですから!

前を走っていた若い男性2人が「ビール!ビール!ビール!」と言いながら走って、ゴール直前はカメラを意識し肩を組んでました。微笑ましい光景です。

カメラといえば、今年はランフォトの撮影がなかったので、全然走ってる途中の写真は見れなかったです。まあお金払って買ってもSNSに使ったりできないので、いいんですけど、ちょっと残念。

そんで私も無事ゴールしました。

今年はゴール後にやたらいろんなものがもらえて、おにぎりが個人的にはいちばんうれしかったです。

記録証。

f:id:monyakata:20191114202330p:image

遠野より速い!坂ばっかりなのに。成長してんじゃん私。

恒例の牡蠣汁、今年もおいしかったです。

f:id:monyakata:20191114201904j:image

で、走ったぞーっていう記念写真をどこかで撮りたかったんだけど、スタッフさんもつかまらず、知り合いにも会わなかったので、けっきょくこんな自撮りに……

f:id:monyakata:20191114202436j:image

さすがにハーフを走ると疲れて、動きが鈍かったです。更衣室であまりストレッチなどしなかったので、ダメージが後日来ました。あと、更衣室が飲食禁止なので、出口のてきとうなところに座ってバナナを食べたのは、はたから見ると間抜けだったかもしれない。

ハーフが終わったら会場がもう撤収モード。さっさと出なきゃ、ということで温泉に向かうことにしました。

松島ハーフの会場近くの温泉は、交通規制の影響もあって日帰りはなし。しかし、ちょっと歩いて松島海岸方面に行くと、温泉日帰り入浴やってるとこ、あるんですねぇ。

下調べしておいたこちらの温泉へ!「絶景の館」です。(トップページ、いきなり音が出るのでご注意ください)

www.zekkei.jp

ここの温泉がねーーー!すごくよかったですよー!

なにしろ大浴場と露天風呂から松島を一望できるんですから!

お風呂じたいはそんなに大きくはないです。松島ハーフ帰りの人もちらほらいました。幸いそんなに混んでなかった。私はS-Style付録のクーポンを使って割引価格で入浴。

温泉入ると一瞬、股ずれが痛い!次回はワセリン塗ろう…。

風呂の中から松島の眺めを堪能しました。めちゃくちゃ人が見えます。ということは向こうからも見えるということです。この状況では「それがどうしたー!」という気分になってしまいます。それぐらい、気持ちいいお風呂です。みなさんぜひ松島に行ったら入りに行きましょう!

 

さてここから想定外の事態に。

松島海岸駅についたら列車が20分来ない。そしてどんどん気温が下がってきました。そう、今年は去年より気温が10℃低い。そして10kmよりもハーフは終わる時間が遅いということをちゃんとわかってなかった!吹きっさらしのホームで待っている間に、せっかく温泉であったまった体がすっかり冷えてしまいました。寒い!ガクガク震えて待ってました。やっと電車に乗って、あおば通り駅まで来たら、ほぼ夕暮れ。あまりの寒さに「ビール!」の気分ではなくなっていました。もっと厚めの上着持ってくるんだった!そして息子に夕飯を買って帰らなければならない時間になっていました。あー、10kmのときは明るいうちからビール飲めたのに、ハーフの場合はそうはいかないんだ。いや、温泉入ったりしてるから遅くなるんだけどさ。温泉はずせないじゃん。

なんてこった。ビールのために走っているのに、ビールを飲まずに帰るなんて……

結局、自宅に戻ってから缶ビールで乾杯しました。

今回の反省点は、走ったあと温泉に入ったら松島周辺でさっさとビールを飲みましょう!ということです。松島にクラフトビールの店できたらいいな!!

twitterの代わりに吐き出す - HazyでJuicyなホップの香りのきいたビールが飲みたい!-

  • お給料嬉しい。3倍の金額だともっと嬉しい。
  • 普通に働きたい。
  • 今日で10月が終わり。ラスト一週でほとんど走らなかったので100kmランには程遠かった。
  • 柑橘系の食べ物(ゆず塩チキン)を食べたあとの後味で、あ、そういうHazyでJuicyなホップの香りのきいたビールが飲みたい!ってなっちゃうの、病気かもしれない。
  • 嫌いな人にベタベタいいねされるのが嫌で、鍵をかけていたんだけど、私をフォローしていない人にリプライをしたくて鍵を外してしまった。でも単なるクソリプの可能性が高い。やっぱまた鍵かけようかな。
  • 11月の個人的費用の予算を立てる。千極煮干でラーメン食べて、プロノで冬用バイク装備を買って、10年ぶりにあの店に行って。
  • twitterみてたらその店に震災のあと行ってた。そうだ、震災の数日後、食材を求めてあのあたりうろうろしてたんだ。シェアオフィスもそのあたりに借りてたし。
  • こんど夜に来よう、っつって、行かないままだったんだよなぁ。
  • もしもまともに働き出したらこんなことできないよね!っていうことを今のうちやっておいて、まともに働くモチベーションを高めるのだ。

登米市長沼でキャンプしてきた

8/31-9/1、まだ暑さが残る中、ツーリングキャンプしてきた思い出を記しておきます。

 

キャンプ地は宮城県登米市長沼。東北風土マラソンの会場としてこの場所を知った。湖畔にキャンプ場があって、温泉もある。マラソン後この温泉に入って気に入ったので、いつかキャンプで来てゆっくりしたいと思っていたんです。

 

んで、いつもなら下道を走って温泉めぐりしながらのんびり行くけど、どうもそそる温泉もあまりない。お金はかかっちゃうけど、今回は高速で行くことにした。4号線走るの疲れるし。明るいうちにテント張って、キャンプ地の夕暮れと夜をじっくり楽しもうと思った。

 

念のため前日に予約もしておいた。いつもならいきなり行って「泊まれますか?」なんだけど、受け付ける側の立場からすれば前もってわかったほうがありがたいしね。(ということを、客商売するようになって実感した)

それにしても前日、バイト先で「sato_kawaさんバイクで高速乗るんですか?私、目の前でバイクの単独死亡事故見たことがありますよ。気をつけてくださいね」と言われたばかり。気が進まないけど……

というわけでバイクに荷物をくくりつけて、宮城インターから高速に乗った。あおり運転が問題になった直後なのでパトランプを回した車が走っていて、無茶な運転は少なめに感じられた。でもバイク乗ってるとウィンカー出さずに横をすりぬける車は一度は遭遇するのでほんと怖い。

SA・PAの雰囲気は大好き。必ず寄ってなんか食べたくなる。バイク用の駐輪場が建物の近くにあってしかも屋根付き、というバイク優遇されてる感も大好き。鶴巣で「鶴巣プレミアムあんパン」を食べた。クリームとあんの組み合わせという絶対おいしいやつだったけど、これデイリーで売ってるあんパンと同じ系列ではなかろうか…

f:id:monyakata:20191029180945j:plain

築館インターで降り、しばらく迷ったけど想定より早く長沼に着いた。開けた景色、大きな風車が懐かしい!そして長沼を見て驚いた。びっしりとハスが水面を覆っている。はす祭りなんてのも開催されていたらしい。盛りはすぎていて、ちらほらとしか花は見れなかった。なるほど。マラソンの時は枯れてるもんなぁ。マラソンでその地を訪れて知ったつもりになっていても、季節によってまったく違う楽しみ方がある。寒い長沼の印象しかなかったので嬉しい。

fp-naganuma.co.jp

 

長沼キャンプ場は、テント一張り500、入園料300で計800円。まあ安い方だろう。

バイクは一般テントサイトまで乗り入れを許可してもらえた。

ファミリーが何組かいて、設営の真っ最中。私はほどほどにトイレと炊事場に近い場所を選んだ。

 

テントを張ったら、コンビニに買い出し。そしてビールと氷調達。

氷は、ビールを冷やすために使う。ジッパーつき袋に氷と水を入れ、そこにビールをつっこんだ。

と、急に日が暮れてきた。

f:id:monyakata:20191029180949j:plain

美しい眺めに見とれてしまいそうだが、急いで風呂だ。大好きな、ヴィーナスの湯!

www.venus-no-yu.jp

ヴィーナスの湯駐車場にバイクを止めると、驚きの光景が目に入った。なんとすぐ横でキャンプをしている人が2、3人。えっ、ここ、キャンプ場だったの?

温泉の人に聞いてみると、ここは兵粮山公園といって、元キャンプ場の公園。みんな勝手にキャンプしているだけらしい。べつに禁止もされていないらしい。

って、つまり、兵粮山公園は温泉に隣接していて無料でキャンプできるってことですか!?トイレもあるし、水道まである。私のようなこじんまりキャンプなら十分。ぐはあ、こっちのほうがよかった!

かつてはここに地ビール工場もあったようだ。北緯39度ビール。震災前につぶれてしまった。やたらでかい建物2つが残され異彩を放っている。

だんだん日が暮れてきて、ちょっとあせりつつ、でもしっかり温泉は満喫した。これから多分夜は冷える、あったまっておかないとね。

風呂からあがった頃ちょうど綺麗に夕焼けになってきた。湖を臨む光景が徐々に赤く染まっていく。ああ、この光景を早くテントサイトで見よう。そしてビールを……

そのとき。

実家から、電話がかかってきたのだ。

私は温泉の休憩所からどんどん暮れていく夕焼けを見ながら、45分も母と喋る羽目になった。なんで1人でキャンプしてるの?の説明から、母の近況報告、さまざまなおしゃべり。母は最近いろいろあって不安定だったので、無下に切るわけにもいかず……

 

電話が終わった頃にはすっかり体も冷え、夕焼けは終わって世界は真っ暗だった。

…………

ああ、夕焼けを見ながらビールが飲みたかったのに!!!

どこにもぶつけようもない悔しさとともに、バイクにまたがり、テントに戻った。

 

f:id:monyakata:20191029180955j:plain

焚き火をしたかったが、綺麗に掃除されていて、たきぎになるような枝が落ちていない。しかも、「焚き火は20:30で終了してください」と張り紙がある。

ううむ、だらだら焚き火してあったまりながら本読んだりぼんやりしたりして遅くまで過ごすのが好きなのに……

 

とにかくビールだ。氷水からつかみ出し、カシャプシュ

ぐびぐび。

ひとり、キャンプで飲むビールは格別だ。

何度経験してもこの瞬間は幸せ。

誰にも邪魔されない。

そのあとは恒例でサッポロ一番みそらーめん。卵と、缶詰の焼き鳥を入れた。

f:id:monyakata:20191029180952j:plain

f:id:monyakata:20191029180958j:plain

まだ時間が早いので、酔っ払い気分と満腹感をおともに、キャンプ場内を散歩した。遠くから電車の音が響いてくる。フクロウの声らしいものも聞こえた。

トイレにシャワーがあって、ファミリーが使っているようだった。温泉いきゃーいいのに。

長沼公園のいろんなとこにあるオリジナルの張り紙がユニーク。手間かけてんなぁと思う。これ女子トイレだけど男子トイレは別バージョンなんだよ。

f:id:monyakata:20191029181022j:plain

 

さらにふらふら歩いて、気になっていたキャンプ場入り口付近にあった謎の建物「長沼ロッジ」の方に行くと、ネコが一匹寄ってきた。かなり人に慣れているようで「にゃーん」と、目の前でゴロゴロ転がって腹を見せた。にゃーんと言われてもなにもあげられないのだが。ちなみに長沼ロッジは食堂らしい。

ビール二本で散歩したら、酔いが回って眠くなったのでテントに入って寝た。高速は怖いし体も疲れてるしね……

 

寒くないキャンプの夜は、信じられないほどぐっすり眠れる。すっきり目覚めて、6時前に散歩に行った。開けた眼下に広がる長沼を眺め、山々を眺め、だれもいない爽やかな空気を満喫した。

f:id:monyakata:20191029181002j:plain

朝焼け。わずかに湖面に浮かんだ船が見えるでしょうか。「はすまつり」で、はすの間をこの船でめぐるらしいです。

f:id:monyakata:20191029181007j:plain

これが長沼のシンボル、風車。

f:id:monyakata:20191029181014j:plain

風車のある高台からの眺め。湖面を覆ったハス、ボート用のなんか?が見えます。

f:id:monyakata:20191029181019j:plain

朝はごはんを炊いた。ふりかけとインスタント味噌汁。

さて、朝風呂はどうしよう。テントを撤収してまずは風呂。ヴィーナスの湯は10時からなので朝風呂には遅い。Google mapで「たかもりの湯」という見慣れない温泉をみつけた。よし、ここに行ってみるか。

迷いに迷って、やっと着いたのは、こんな細い道の奥にこんなに新しい温泉が?とびっくりするくらいの、綺麗な温泉。700円。

f:id:monyakata:20191029181025j:plain

 

takamorinoyu.com

 

館内は売店もあり食堂もあり、かなり充実している。知る人ぞ知る、ってかんじなのかな。

お風呂も新しく、そんなに広くないが気持ちのいい湯だった。

残念だったのは、露天風呂が高い塀に囲まれた小さな浴槽だったこと。正直、開放感はまったくなかった。

 

たかもりの湯をあがったあとは、古川から高速に上がって帰ってきた。そこそこ気温の高い中、高速でも暑くて、途中食べたソフトクリームがほんとうにうまかった。PA・SAで食べるカップのコーヒーやソフトクリームって、なんであんなにうまいんだろう。

 

今回は高速を利用して温泉めぐりも少なめでさくっと行ってきたけど、長沼でけっこう長く滞在できたのでよかった。温泉近い方の無料のキャンプ場にもぜひ行って見たい!

twitterのかわりに吐き出す - さむいしぬ -

 

  • 昨日は「ストレッチして寝よう」と、ストレッチもそこそこにあったかいふとんに潜り込んだので、とても幸せに眠りについて、すっきり目覚めた。
  • 楽天のポイントで、「横浜駅SF」を買った。前図書館で読んで、手元におきたいなぁと思っていたやつ。
  • 今日は昨日に引き続き、さぼり防止でTHE6へ。でもやっぱり眠くなって辛かった。仮眠のための椅子は普通のコワーキングスペースにはない。でも頑張って耐えた。えらいね自分!

the6.jp

  • ふと、マンション一階のエレベーターの前の掲示を見てみたら、どうも住居部分は住民トラブル多めのようだ。壁ドン(元の意味のほう)、モーター音、そして無断でのペット飼育があるようだ。おしゃれな外観に反して、建物の中はいろいろなことが渦巻いているようだ。たいへんだなぁ。
  • いつも呪詛を撒き散らしていて、嫌だなぁと思っていた女性、接点がなくなったしどうしているかなあとふとFBを見に行ったら、やっぱりすごい勢いで呪詛を撒き散らしていた。
    その怒りや不満が正当なものであるとしても、いつも「クソ」「潰す」などと言っている人と、仲良くしたいとは思わないし会いたいとも思わない。どうぞどこか遠くて、お元気で。
  • 今月は飲みに行かないと決めたのに、おいしそうなビールばかりが仙台のビール屋さんでon tap。耐えろ自分。

twitterの代わりに吐き出す3日分 - ぺきゃらぺきゃら -

  • 今日は4:30起きで早いのに歩き出勤でがんばったね。バイトのあと急な仕事が入ったけどがんばったね。台風対策もがんばったね。餃子作りもがんばったね。ビールおいしかったね。だれも手伝ってくれないし誰も労ってくれないけど、よくできました、わたし。これからも強く生きるんだよ。
  • 「嫌なことがあって辛かったね」を入れ忘れた。
 
  • 雪がすこし積もった青葉山で、坂のてっぺんでバイクで立ち往生する夢を見た、本気で下半身がすくんで、足がガクガクしたのまでリアルに感じた。
  • ブログにスターつける人がまいにちおなじなので、なんだか結局twitterとかわんない気がする。
  • 明らかにおかしい酒の飲み方してる若い知り合いがいるけど、指摘されて切れてるし、人望もあって仕事で急成長している人有能な人なので、周りは「味方だよ」「ストレス解消だね」しか言わない。
    頭良かろうが仕事できようが、人は酒で狂うんですよね。
  • くっそねむい……低気圧はんぱねえ
  • 大倉ダムは頑張ってくれそうだけど、それより下流で雨がドバーになったらやばい。
  • 警報きたー。
  • 坂を消防車が登っていく。あのへん危険地域なんだよって息子とめし食いながら喋ったばかり。
  • 大倉ダムさんがこの貯水量でサイレン鳴らしたっちゅうことはこれから相当やばい量の降水があると判断したんでないべか…これは本気で2015年9月のあの増水を超えてしまうかもしれん……※私プロではなく趣味で川を見ているだけなので正確ではないつぶやき
  • うう、こんなときでも河原で乾杯してる馬鹿が…いいねとかRTとかすんなよ。奴らの承認欲求満たすだけなんだから。
  • 風も雨も凄い。やばいなあ。
  • ひなんした。体育館で、寝ます!
 
f:id:monyakata:20191014165848j:image
  • 避難の途中大崎八幡宮通ったら階段が川でした。 四ツ谷用水が復活してました。
  • 自宅も無事。今夜はビールが飲めそうだ。
  • きのう避難所で使ったシュラフを室内で干してると、あーキャンプ行ってきたーっていう間違った感覚が生まれる不思議。
  • 台風ってなんだったのかしらというくらい綺麗な月。
  • ときめくものにときめかない練習。
  • 車のハザードさえ、飲みにいくときに見るとうきうきして綺麗に見える。あの光をこえたとこに、幸せがあるような気がする。…と、脳内で飲みにいくのを妄想。
 
  • 昨日は2日分なのでビールを350缶で2本飲んでしまった。やっぱり2本目の途中で「多いな…」という気分に。もったいないことをした。
  • ちょっとまって…IT系コミュニティで一緒だった人(自己啓発セミナー講師の人とは別)が宇宙語とか言い出してる……なんで。なんでそっち行ってしまったの……Youtube見ちゃった、そういう人たちのコミュニティで閉じてこういうペキャラペキャラって…うわあ
  • はー、お腹すいた…(ホットケーキ一人前食べたのに)
  • ちょっとまて RTするな パクツイだ

twitterの代わりに吐き出す - それが秋なのだろう -

  • 初めて、コンビニで「イートインです」って言って10%でのんびり座って食べてる。
  • イートインの解釈が店によって違うのかもしれない。そとのベンチもイートイン、というスーパー。外のベンチはOKというコンビニ。
  • あああビールが飲みたい
  • NE IPAが飲みたい。CBM仙台で伊勢角×京都醸造千客万来が!これ東京で飲んですっっっごくおいしかったやつ。
  • 復興マラソン中止のFBコメントを見ると、「よくぞ中止されました!」とスタッフの苦渋の決断を褒め称えるコメントばっかりなので、世の中いい方向に向かっているんだなと思う。
  • ふおおおおビールが飲みたいいいい。
  • 千客万来ennにもあるじゃーん。
  • ‪せっかちなんで泡がぶくぶくだけど。‬本格的に荒れる前に、自宅からもっとも近くでPUNK IPAが買える「眞野屋」に行ってきた。びあけん頑張ったご褒美に買おうと思ってて忘れてた。‬眞野屋は、相変わらず閑散としていた。

    f:id:monyakata:20191011192210j:plain

  • えっ、ちょっと驚いた。こちらの社長さん、私より若いのにひと月ほど前に亡くなったらしい。海で泳いでいて溺れたそう……  ここ、私も若い頃泳ぎに行ったあのシークレットビーチじゃないのか。‬
  • 眞野屋、そんなことがあったと知った後に訪れたら、また印象も変わったろう。でも、農学部跡が充実するまで持つんだろうか。
  • 台風なのでいろんなお店が閉店や早仕舞いを決めている。ほんとに良いですねえ。
  • 大学勤務、っていう経歴がほしいがために、大学でバイトしようかなぁ。でも、あの魔窟にはもう足を踏み入れたくないしなぁ。
  • 衝動的にTHREE1989の仙台ライブのチケットを買いそうになってしまった。いかんいかんおちつけおちつけ。
  • todubeatsのRUNが出てから一年経つのかぁ。
  • 音楽にお金を出して買いたい気分。それが秋なのだろう。