仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな47歳、高校生男子の母。

岩手県遠野にお墓参りの一人旅

岩手県遠野市の祖母の墓参りに行きたいと母。ちょうど単身赴任中の夫が帰ってくる週末だったので、私も一緒に行くことに。ところが、直前になって「急に血圧が上がったから行けない、中止」と連絡。遠野旅行を楽しみにしていた私はがっかり。「なら、私一人で行こうかな」と言うと、母は「ああ、晶子が代理で行ってくれるなら安心だ!頼むよ」と明るい声で言いました。

かくして、4/25(土)はお墓参りのために遠野へ一人旅に行ってきました。
東北地方は全域で雨、でも雨の中電車で旅をするのもまたよし。なにより、私は遠野が大好き。雨のたたずまいも素敵だろうなぁ。
遠野墓参4月
遠野は桜が満開。おばあちゃんのお陰で3回目のお花見ができた。ありがたいね。

町の仏具屋でお花とお線香を購入。お金がなさそうなそぶりの私を見て(おろしてくるのを忘れた)、おばちゃんが随分とおまけしてくれた。ありがたいね。

祖母のお墓と、隣の親戚のお墓と、お掃除して、お花を上げて、お線香あげました。ろうそくの火って雨にも意外と強いことがわかった。そんなに酷い雨じゃなかったので、すがすがしい気分でお参りできました。

天気がよければ、鍋倉城を散歩するところだったんだけどなぁ。

子供の頃、ふろなしトイレ共同のおばあちゃんの住んでいたアパートが大好きでした。この川も毎日飽きずに窓から眺めて過ごしました。昔は魚が釣れたけど今もいるかな。
遠野墓参4月

これは、母が高校生のときからある書店。電話で話したら「あ〜、そこで教科書買ったのよ」って言ってた。
遠野墓参4月

「きりせんしょ」を夫と息子へのおみやげに買い、これまた母が高校生の頃からあるという喫茶店「待月」でお茶して、帰ってきました。
同じ列車に、いい気分で酔った様子の中年男性4、5名がいた。絶対岩手ではない、秋田なまり丸出しだったので、なんかおかしかった。こんなところで秋田なまりを聞くとは。

うちの母は祖母のお墓参りに行きたいとずっと気にしていたので、「私が代理で行くので気が済むのかなぁ?」と思ったけど、「ああよかったよかった。ありがとうね」と喜んでいました。こういう、宗教で納得、平安を得る行為の解釈は、ひとりひとり違うからねぇ。母が気が済むなら、それでいいよ。私もいいことをしたっていう嬉しさを得たしね。めでたしめでたし。