読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

五橋のカフェ「四月朔日」が閉店

好きなカフェ、とかいいつつ、行くのは数ヶ月に一回。ということは年数回。そんな事実が、今日ほど悔やまれたことはなかった。

五橋のお気に入りカフェ「四月朔日」に久しぶりに行った。そうしたらドアノブのところに東北電力だか水道局だかの札が下がっていて、看板もなくて、「まさか…!」と思って窓からのぞいたら、あのほっこりした、あたたかな雰囲気だけ残して、家具も本棚もすっきり、なくなっていた。閉めてしまったらしい。

あー…悲しい。
ブログもウェブもそのまま残ってるんだけど、ブログの最後のエントリに店主の方が体調を崩されたことが記されていて、もしかしたらそのへんが理由なのかなぁ。本当に残念です。優しげな店主さんが、お元気でいらっしゃることをお祈りします。

だから、大好きな場所に「いつでも行ける」と思って行かないでいると、後で後悔することになるんだってばよー、だめじゃん私。来週はRyubanにいく。Ryubanもしばらく行ってないから。そんつぎは長町のふくろうの杜だ。寒かろうが行くったら行くんだー。

それにしても「四月朔日」の跡地、東北大学片平キャンパスにも東北学院大にも近いし、アカデミックな雰囲気が漂っている。ああいう場所で私設図書館とか私設勉強部屋とかやりたいものだなぁ。うん。すごくやりたい。