仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

ノラヤ出勤が、ない日々

いろいろあって、5月はノラヤの通常オープンを休んでいる。

みなさんにはご心配をおかけしておりますが、私自身は悲しんだり不安になったりするわけでもなく、これは思いっきり休んでいい日々だと思って堂々と休んでいますよ。といっても実際は休んでいない。結局用事を詰め込んでいる。たとえば平日昼間から温泉というダメ人間的行動をやってない。だめだ。やらなきゃ。

ノラヤの休みを決め連休が開け、すぐ整形外科に行った。前から気になっていた足の痛みと右肩の痛みをみてもらうためだ。数時間待ちを覚悟しなきゃいけないくらい混む病院なので、時間がないと行けなかったのだ。
足の痛みの方は特に異常がなく、甲高で土踏まずのアーチが高いので負担がかからない靴やインソールを選ぶようアドバイスをいただいた。問題は肩の方。一応MRIを取ったほうがいいということになり、別の画像診断クリニックに行くことになった。
数日後人生初のMRIを初体験。音が怖いという噂を聞いてたんでドキドキしてたけど、ダンスミュージックを良く聞く人なら余裕だと思った。そして全身がポカポカして気持ちよかった。眠かった。
そしてまた後日、整形外科でMRIの結果をみてもらうと、さらに大学病院でみてもらったほうがいいということになってしまった。受診する前は肩より足の方が困っていた。せっかく始めたランニングを中止していたから。肩はどうせ五十肩でどうしようもないんだろうと思っていたんだが。さいわい大学病院には知り合いのドクターがいるので不安はない。

不安はないけど
「これこれこういうわけで、大学病院受診することになったわ。重い病気かもしれん」
と、息子に言ったら
「じゃぁ、けものフレンズの1話無料公開中だから見なよ!神動画だよ!絶対見るべきだ!見ないで死ぬと後悔するよ!」
と目をキラキラさせて自分のパソコンを持ってきて強制的に見せてくれた。噂には聞いていてネタは知ってたけど見ていなかったのだ。
息子は横で詳細に解説を入れてくれて
「俺1話ぜんぶセリフ暗唱できる」
なんて言ってる。
面白かったかどうかは……1話しか見てないのでわかりません。

話はずれるが、子供が小さい頃は一緒にあれやってこれやって遊んでっていう関係を想像できたけど、思春期以降はいったいどういう親子関係になるのか、まったく想像できなかった。まー反抗されて親離れ、ぐらいしか。もちろん反抗もするし、私より弁が立つので言い込められて悔しい思いもする。
けど、意外と仲良いんだろうかこれは、と思うのは、夕食食べた後とか休日の朝食の後とか、息子のおすすめの動画とか音楽とか教えて貰って一緒にPCで見ている時間。ふしぎだなぁ、もちろんネット環境の今の状態なんて昔は想像もできなかったけど。こういう交流って古臭い表現だけど「現代的」なんだろうなと思う。幼少時から聞かせていた音楽が私の好きなやつなので、好みが似ているのは当然だろう、でもやっぱり微妙に方向が違う。息子のお陰で新たな世界を知ったりしてiTunesで買ったりしてる。そういう関係でいられるのは、ささやかに幸せだ。

話は戻るが、そういうわけでノラヤをオープンしていない間に「時間があればやりたかったこと」をしているので結構忙しい。
足の痛みは、やはり合わない靴を履いていたのも原因の1つらしい。スポーツ用品店に出かけて行って測ってもらったら、サイズを1cm小さく勘違いしていたことがわかった。
ランニングを再開したいので、店員さんと相談してちゃんと高いランニングシューズを買った。ウェアも欲しいけど、それはもっと走れるようになったらね。

さて、来週は大学病院。どうなることやら。それにしても、お金がかかってどうしようもない。

最後に息子と私のお気に入りの曲を貼っておきます。

Porter Robinson & Madeon - Shelter (Official Video) (Short Film with A-1 Pictures & Crunchyroll)