仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな48歳、高校生男子の母。

服はいつまで着るのか

ファッションというものがわからないまま、50年近く生きてしまった。

年相応の服もわからない。

母に「もうジーンズはやめなさい」と言われたことがあった。ジーンズが一番着心地がいいのに。

そして服に関してもうひとつわからないことがある。

服って何年まで着れるのか。着ればいいのか。

まさかみんな、雑誌に載っているように毎シーズン5着買い足して、古いのは捨てているわけではあるまい。

穴があいたり擦り切れたりして、着れなくなったら新しいものを買う、じゃ、ダメなんだろうか。ジーンズは膝が抜けると買い替えだ。捨てたくないのは繕って履いたりもしていた。↓ 

monyakata.hatenadiary.jp

 

でも、服ってけっこう、持ちますよね。

あ、持たない服もある。タートルネックのカットソーとか。首があったかいから買うのに、やがてに首まわりがびろーんとなる。それでは意味がない。肩幅が広がって袖が長く感じるようになったら私でも処分する。

ちなみに服を処分するときは、よっぽどめんどくさくなければ、切り刻んで布ティッシュにし、食器を洗う前に汚れをぬぐう。

 

しかしそんな私も、劣化してもいないのに、目に入るだけで気が滅入り、着たくないと思う服が出てくるようになった。なんと贅沢なことだ。

たとえば、ネットで買ったもの。衝動買いではなく「こういうものがほしい」と願って、検索して、買った。なのに手元に届いたそれは微妙に期待はずれ。でもまぁ、着れるから着る。美しい若いモデルさんが着ているのと私と、違うに決まっているのだ。でも微妙にがっかり感をまといながら着る。それがやがて「気が滅入る」元になる。

それから、フェリシモ。あれは手を出してはいけなかった。一度買うと同じ形の微妙に違うデザインが毎月届く。どんなデザインが届くのか分からないのもお楽しみだという。価格も高すぎもせず手の届く感があってずるずる続けてしまった。今はすっぱりやめた。(ネズミ講みたいに表現してしまったが、フェリシモは別に悪徳企業ではない)フェリシモも、現在は一部一点だけ購入も可能になっている。

とにかく、実物を見ないで買うとろくなことがない。

最近こういう服がほしいと思ったら、いきなり新品を買いにいったり、ネットを検索するのではなく、ぐっと思いとどまって、リサイクルショップに行く。リサイクルショップなら高くて千数百円、安いと300円〜500円だ。失敗してもがっかり感が少ない。

じっくり探し、吟味する。いいのがなかったら、買いたい欲が消失している時もある。

リサイクルショップもユニクロもだけど、店員さんが構ってこないから気が楽でいい。通販の気楽さはそこもあるんだよね。ブラジャーみたいにしっかりプロに相談しながら買ったほうがいいものもあるが。

 

そう、ブラジャー。ブラジャーも何年も持つ。そもそも高いものだ。だから新しいものを買う時は、よっぽど体型が変わったか、破損するか、なんか気合いとか勢いが必要な場合か。だいたいの買う理由は3番目だな。とはいえ、経済的に厳しいと必要に迫られていないから、がまんせざるをえない。たかが下着だけどブラジャーは大事なんすよ。ちくちくしたり、形が合わなかったりすると全身の具合が悪くなる。購入には慎重にならねばならない。

先日、ブラジャーが破損した。明らかに経年劣化で破けた。

ああ、こんなになるまで長い間使っていたのか。心おきなくゴミ箱に突っ込んだ。と同時にほっとした。ほっとしたということは、私、これ、あまり好きじゃなかったんだなぁ。そういえばフェリシモで惰性で買ったやつだった。

一個だめになったから「必要に迫られ」、晴れて、新しいブラジャーを買った。

ネットで。

だめじゃん、私。

 

前はお気に入りだったのに、だんだん嫌いになる服もある。「着れる」から捨てられない。そういう服は、リサイクルショップ行きだ。

結局、ライフスタイルに合うもの、となると、アウトドア系を、擦り切れるまで着ることになるんだよなぁ。

オチはないです。

「食べる女」「続・食べる女」筒井ともみ

映画が面白そうだった。けど、見逃してしまった。まぁいいや、原作読んでみよう、と、図書館で借りた。

いろんな女(二人だけ男)が主役の短編集だ。

食べる女: 決定版 (新潮文庫)

食べる女: 決定版 (新潮文庫)

 
続・食べる女

続・食べる女

 

作者の筒井ともみという人は、ヒットしたドラマを数多く手がけた脚本家でもあるらしい。

しかし。ううむ。

なーんか、面白くなかったな。

読後感があまり…。そのストーリーごとの主役がいいんだか幸せなんだか、もやっとよくわからない終わり方をする。まぁ幸せなんでしょうけど、うーん、ってかんじ。

展開に、急に「父が死んだ」「母が死んだ」が多い。安直な印象を受ける。

あと流産やアトピーなど病気の描写で「えっ。そんなこと根拠もなしに書くもんじゃないよ」と眉をひそめたくなる部分があったり。

いちばんがっかりなのが、「食べる」とタイトルにあるのに、出て来る料理がおいしそうじゃないこと。

料理名や材料名、素材名はたくさん出てくるのに、味や食感の描写がまったくといっていいほど、ないのだ。不思議なくらいに。だから、ぜんっぜん、おいしさが想像できない。おいしいかどうかすら、わからない。

映画の予告編で登場人物たちがあれだけものをぱくぱく食べて、「おいしい〜!」と言ってるのに。きっとそのへん映像化で補われたのだろうと思う。

 

まぁそもそも、食欲と性欲がテーマらしいから、味覚は抑えたという可能性がある。ただその、食欲と性欲ののまぜこぜの具合が、あまり読んでで心地よくない。ときおり、あからさまで不快感まで感じてしまう。

挽肉が好きな女がボールでぐちゃぐちゃ挽肉をかき回すあたりなど、その擬音が連なる文を目で追うと気持ち悪くなる。

めしにしましょう」で「私は食欲と性欲を混同するのが好きくないのよ」と青梅川さんが言ったセリフを放ちたくなる。

彼女たちのお相手となる男たちも、なんだか都合が良すぎる。

ちなみにオトコとカタカナで表現するところがあるが、そのカタカナの語感もなんだかいやだ。これは、一個人の男性ではなく、クラスとしての、不特定多数で誰でもいい場合の男を「オトコ」と表現しているのだ。わかってるけどそういうのいやだ。

 

しかし、ね。ここに出て来る登場人物のような、自由な、性も食も住もそれぞれ、欲に素直な生き方、どうしようもないけど「いいなぁー」と思ってしまうのよね。

好きなところに住んで、好きなものを食べて、好きなお店に行って、好きなところに行って(さらに素敵なオトコとたくさん出会い……というのは、別に望まない。リスクもあるし)

ただ、その結果、彼女たちは、幸せなんだかいいんだかわからない状態になっているのだけど。 

ファンタジーであり警告でなのだな、これは。現実にまみれた私たちオンナのための。

ほどほどかっこ悪く、ほどほどこちらを裏切って、トータルで普通よりほんのちょっぴり、いいオトコ。ああ、そんなオトコに、好きなことづくしの暮らしの合間に、出会えたらいいなぁ、でも、別にハッピーが待っているわけじゃぁないのよっていう、ね。

まぁ、機会があったら、映画も見てみたいですね。たぶん、おいしく食べる彼女たちに出会えるのでしょう。

私のやっている健康に良いかもしれないこと

f:id:monyakata:20181126162149j:image

(先日のランニング途中の紅葉・絶景スポット)

 

先日「健康のため何かしているんですか?」と訊かれた。

健康…自分のことよりも、「怪しい健康情報には気をつけよう」「インチキニセ科学撲滅!」みたいな話題にばっかり興味があって、自分自身はたいしたことしてないよ、と思っていた。

でも、考えてみたら、実はいろいろ気をつけている。忘れてた。

参考になるかどうかわからないけど、(というか、山ほど反論が来そうだけど)私がしている健康にいいと思われること、気をつけていることを列挙してみる。  

ダイエット?

標準体型は維持したいと思っている。服のMサイズが入る程度でいたい。(前はLがデフォルトだった)ちょっと服が入らないと思ったらダイエットを開始する。

白状してしまうと、私はデブがすごく嫌い。自分はデブになりたくない。でも「デブになりたくない」って、ダイエットのモチベーションとしてすごく弱い。

健康でいたいから、も、モチベーションとして弱い。

何キロ痩せるぞ!も、この服を着るぞ!も弱い。

痩せたらご褒美にあれこれしよう、も、弱い。

これまでいろんなモチベーションでやろうとしてことごとく元に戻っていた。だって、ダイエットうまくいったって、あのライザップのCMみたいにあからさまじゃないから、誰も気づいてくれないし、褒めてもくれない。自分が自分をちょっと偉いと思うだけだ。だからこそ「自分を褒めよう」と思って成功したら規制を緩和し、いとも簡単に元に戻る。

ところが、「走る」ことを始めたら、すべてが変わり始めた。

走る

ここ2年ほどは「走る」のに支障ない体になるためにコントロールするよう努力していて、結果的にダイエットを意識しなくなった。

週に2〜3日走っている。健康のためというより、マラソンレースに出て無事完走したいという目標があるから。

体重が多いと足に負担がかかるので痩せようと思う。

体調が悪いと走れないから体調に気をつけるようになる。摂取する栄養にももちろん気をつける。カリウムが足りないと足が攣るし、塩分が足りないと頭も痛くなるし、これらは注意して摂ろうと思う。筋肉が成長するようなものを食べるようになり、明日は走るからこれを食べよう、これはやめとこう、とか考える。

走るためにたくさん寝ておこうとか。疲れないようにしようとか。アルコールは控えようとか。1日の予定をこう組もう、とか。

不思議なくらい、なんでもかんでも走るためになる。

体重は朝晩測る

松島の10㎞を初完走したあと、オムロンの体重計を買った。それで朝晩体重と体脂肪率その他を測っている。

計測は普通1日1回で十分だが、朝から夜の変化、夜から朝の変化が、その日の過ごし方によって変わるのを把握したほうが良いと思っているので2回測っている。

測った体重と体脂肪率は無料アプリで記録。朝晩計測に対応したアプリが見当たらなかったので、記録は朝の分だけ。

グラフを眺めては一喜一憂している。ちなみに体重計には体内年齢が出て来る。なんとか30代をキープしたい。

肉体労働をしている

私の週3日のコンビニでのアルバイトは、体にいいと思っている。掃除、売り場の整理、品出し、調理、レジに人が来る気配でダッシュ。とにかく走ったり早歩きしたりが多い。さらに立ったりしゃがんだりの動きも多い。だらけて見えず、慌ただしく見えず。お客様に不快感を与えぬよう、しなやかな身のこなしになるよう気をつけている。実際、アルバイトのある日は体重が間違いなく減る。お金がもらえて運動にもなるから最高だと思っている。

腹六分目

おなかいっぱいになるまで食べるということが、イベント時以外ほとんどない。私は食い意地がはっているので常に飢えている。世の中にはおいしいものが溢れていて、片っ端から食べたくて食べたくて仕方がない。でも、食べない。太るから、と、お金がないから。大好きなラーメンも、月に一杯だけ。(そしてラーメンを食べた日は夜はほとんど食べない)

自分は自炊でもおいしい料理を作ってしまうので、自炊でも「充分」の手前でやめようとしている。辛い。もっと食べたい。そんな辛い時を乗り越える一番楽な方法は、目の前にいる息子に「多いから食べて」とお願いすることだ。または「後は明日の朝に」と、タッパーに入れてしまう。朝食はふつうにいっぱい食べるから、翌朝食べられると思えばなんとか耐えられるのだ。

40すぎると食べすぎなくても太り、45をすぎると腹八分目でも太る。(※個人の感想です)

ちなみに、私は糖質制限は嫌い派(懐疑派でも、否定派でもなく「嫌い」。効果があることを認めながらも、できればしたくない)。お金のある人はやればよろしい。だって、米・麺が一番金かかんないじゃないですか。実家から貰うし。でも食べる量を減らす際に炭水化物を減らすのがいちばん楽だから、減らす。夜は米を食べないことが多い。高いけど玄米は買って時々食べる。つや姫の玄米はやたら旨いよ。

私思うんですけど、食べるってそもそも体を作ったりエネルギーにしたり体調を整えたりするための行為じゃないですか。だったら食ったものはくまなく有効活用しないと、もったいなくないですか。そういうケチな精神から、私は「食べ物を選べば満腹になってもよい」という、よくエグゼクティブな方がおっしゃる説は採用せず、自分の体で充分活用できて余剰が出ない程度を食べましょうという主義なのです。エコですエコ。

週3日は休肝

ビールが大好きな私だが、アルバイトの前日は寝過ごしたくないので飲まない。その結果、週3日休肝日。

でも年取ったら、飲んでようが飲んでなかろうが5:30には目がさめるようになってしまった。そこで夕方の早い時間ならいいか、と、飲んでしまうことがある。

そんな時は「上を向いてアルコール」や「アル中ワンダーランド」を読んだことを思い出し、アル中の第一歩だと思って気をつける。

monyakata.hatenadiary.jp

座りっぱなしの日は途中でスクワット

バイトのない日、すなわちノラヤの出勤日。いつも体重が増えて、夕方の計測がゆううつ。ノラヤにいるだけで太る。多分、すわりっぱなしで食うものは食うからなんだろう。

それから去年あたりから、長時間座ると足がむくむようになった。デスクワークだけでなく、高速バスや新幹線に乗る時も。年のせいかなんだかわからんけど。この「むくみ」も、ノラヤ出勤の日の悩み。デスクワークのみなさんは平気なんでしょうか? 押して指の跡が戻らないとか病的なレベルではないので、動かないせいだと想定。

休憩を兼ねて、必ずスクワットするようにしている。15回を3セット。可能ならノラヤへの往復も徒歩で。気がつくとつい走ってしまうけど。

温泉、銭湯に行ったら自分と他人の体型をチェック

温泉や銭湯には全身を見られる大きな鏡がある。風呂上がりに裸の状態で自分の体をチェックし「直視に耐える」レベルであるかどうか、確認。それから、中年以降でも引き締まった人や筋肉しっかりついてメリハリ体型の美しい人を見るとあのレベルになりたいって思いますね。モチベーション上がる。もっとも銭湯ではなかなか出会えないけどね。

週に2回は魚の日

魚を食べることは健康にいいと様々な面で研究成果が出てますので、そのとき安い魚を食べる。本当はもっと貝類も食べたい。魚が手に入らない時や買う時間がない時は、鯖缶で。

献血

半年に一回、400ml献血に行く。

検査の数値が後日郵送されて来る。残念なことにどんなに気をつけていても、この年になるとなんらかの「要注意」の値が出てしまう。やっぱり検査結果は、食事等いろいろ気をつけるきっかけになる。

記念品や、パン、アイス、マッサージ椅子も目当てなのは内緒だ。(パンは半分息子にあげるよ!)

ちなみに、毎回一番ハラハラするのが血圧。私は最高血圧が80〜100の低血圧だ。100以上ないと献血はできない。低血圧は立ちくらみや朝起きづらいなどの症状がなければ何も問題なし、と言われるけど、献血できないのは悲しい。幸い今まで低血圧でダメだったことはないが……

個人的には献血ルームAOBAが好みだ。屋上駐輪場があってバイクで行きやすい。AERのはちょっと混みすぎ。 

ちなみに、気をつけていないこと

矛盾するかもしれないけど、食べ物の質にはそんなに神経質ではない。「有機無農薬」「オーガニック」「インスタントは避ける」「お菓子はダメ」「人工甘味料がダメ、合成保存料はだめ」「コンビニはダメ」「国産のものを」「手作りを」とかいうの、ほとんど気にしない。

「うまいか」が、基準。

食ってうまけりゃいーんだよ、食って具合悪くならなきゃいいんだよ、と思っている。

あといつも、赤札のついた値引品を優先的に買っている。

ちなみに、どうしてもやってしまう不健康なこと

寝不足と便秘。カフェイン摂取。

便秘は40年以上のつきあいで、薬から食べ物からなにをためしてもダメなので諦めてる。

 

11/4 湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソンに行ってきました

f:id:monyakata:20181123132649j:image

紅葉のダム湖周辺を走れる、しかもスタートゴールが温泉、さらに大好きな飯坂温泉にも入れる!…という素晴らしいマラソンに参加しました。今回も10km。

iizaka.kilo.jp 

松島、東北風土マラソンと、大きい大会にしか出たことがなかったので、こういう小さなレースってどうなのかな、きっと至れり尽くせりなわけじゃないから自分で情報収集しておかなければと思って臨みましたが、杞憂でしたね。

早朝、福島まで移動しなきゃいけないのですが高速バスがまだない時間帯なので(お金と時間があるなら飯坂温泉に前泊したいところなんですが)、普通列車で行きました。車内には同じようにマラソンの格好の人がいて、多分お仲間です。福島駅からスタート地点までは無料シャトルバスを利用。案内の人がいて誘導してくれてすぐわかりました。

車内は満席で、近くのおじさんたちがどこの100kmに出たとか喋っていて、びびりました。名簿を見ると圧倒的に地元福島の参加者が多いんですけど、フルやハーフでは遠くからの人もそれなりにいるんですね。

会場に到着すると、暑いくらいの晴天。すごく寒いのを想定していたので、それほど厚着の必要もないとわかってほっとしました。着替えて、トイレいって、出店のテントをうろうろして(エイドで提供する予定のお菓子をフライングでもらったりしてw)、やがてスタート時間。フルの人、ハーフの人、そして10kmと、人数が少ないのであまり間をあけずに次々スタート。スタッフは地元の高校か中学の陸上部の子達ががんばってました。 

10kmはペア部門があって、ご夫婦、親子、など様々なペアも一緒に走ってました。ペア部門は手を繋いでゴールする決まりなんだそうです。目の前には、中学生くらいの男子とお母さん、70歳近いと見られるご夫婦も。微笑ましい。

で、覚悟はしていたんですけど、最初はダム湖に向かってしばらく上り。ちょっときつかったです。普段、坂で鍛えていたのでなんとか登りました。のぼったらあとはほとんど平坦でした。

余裕が出て来たので、周囲をきょろきょろしながら走りました。おお、湖だ、紅葉だ。まだちょっと色づきが薄かったけど、綺麗でした。雲ひとつない青空の下、しんとしずまりかえり、鳥の声だけが響いてるんですよー。すっごくいい気分。大きなレースだと常に周りに誰かいるけど、今回は他の人との距離が開いてると普段1人で走ってる時のような感覚でした。

f:id:monyakata:20181123133446j:image

トンネルが二箇所だったかな。走ってると、ざーって水音のような音が響いてるんで不思議でした。なんだったんだろ、あの音は。トンネルの中を走るのは初めての経験で、ひんやりしていて気持ち良かったです。

 

折り返した後、エイドステーションがあって、りんごとかやきまんじゅうとか、すすめられるままにたくさんいただいてしまいました。ここでも地元の生徒さんと、おばちゃんたちが活躍。休日なのに駆り出されてうちの息子だったら「やってらんねーよ」と毒づいていそうなのに。

f:id:monyakata:20181123133511j:image

そしてダムの堤体(なんつーの、水を貯めとくとこの縁?)の上を走ります。やっぱここは身を乗り出して、下を見ちゃいますねー。いやーいい景色ー。

そして、一気に下り!膝が心配になるくらい下り。

くだったら、元の地点に戻ってゴールです。ちゃんと一人一人テープを切らせてくれて、地元の生徒さんたちが参加賞のバスタオルを持ってて、かけようとバサバサ待ち構えてる。ちょうちょみたいで、ほほえましい。

記録証を発行してもらうと、今までで一番いいタイムでした。意外!景色見るために止まりながらのんびり走ったつもりだったのに。

そして、アンケートに回答するとくじを引かせてくれます。このくじがはずれがなく、地元の商品です。私はびっくりするぐらい巨大なしいたけをもらいました!

f:id:monyakata:20181123133557j:image

そしてきのこ汁のサービスも。あー松島の牡蠣汁もそうだったけど、走った後の汁物ってなんておいしいんでしょう。 

 用意された椅子に座ってきのこ汁を食べていると、地元のおばちゃんグループが「走ってきたの?」「すごいわねぇ」と話しかけてくれる。

「あら、しいたけもらったのね。このマラソンはね、賞品がいいので有名なの」そうだったんだ!賞品はまったく気にしてなかったので知らなかったです。ふと周りの人を見ると、米やらりんご(箱!)やら、みんないろいろ持ってます。入賞者はさらに豪華らしいです。

きのこ汁を食べている前を、ハーフのランナーさんたちがかけていきます。おばちゃんたちがきのこ汁を食べながら「ごめんねぇ食べながらで」「がんばれぇ!」と応援して、のどかだ〜。

 一休みしたので、荷物をクロークから受け取って、目的の一つである温泉へ。参加賞に地域商品券も入っていて、それを使って入らせてもらえるんです!

iizaka.com

こちらの温泉は以前、ツーリングで寄ったことがありました。扇型の内湯と、石組みの小さめ露天風呂。塩をふいた全身を洗い流し、すっきりさっぱりしました。ランナーさんどうし「どちらから?」「前はどこそこのレースに出て…」なんて、おしゃべりしている。

走ったあとの温泉って、なんて気持ちいいのでしょう…そして当たり前だけど、みんなスタイルいいんですよね…私もがんばって維持したいものです。

f:id:monyakata:20181123133758j:image

さて、今回は10日くらいビール断ちをして臨んだので、あとはビール。どっかでビール飲みたいのですが、シャトルバスは福島駅ではなく飯坂温泉駅までとなります。ならば鯖湖湯に入らずにはいられない!

でもその前に、昼食がまだだったので鯖湖湯近くのカフェでごはんにしました。すると同じマラソンを走ってきたらしい男性がビールを頼んでました。しまった、ここでビールが飲めるなら先に鯖湖湯に行っとくんだった…と思ったけどまぁいいや。「天然生活」のバックナンバーが置いてあるような天然系カフェだったんで、なんか違う気もしたし。

鯖湖湯はいつもと変わらず激熱でした。そしていつものように地元のおばちゃんが「熱かったらぬるくしていいのよ」と水道水を入れてくれました。共同浴場は温泉地によっては水を入れると怒られるらしいけど、鯖湖湯では全然そんなことがなく、「よそから来た人も入れる温度にしましょう」という空気なので、ありがたいです。びりびりしたお湯は休み休み何度でも入りたくなります。

湯上りは名物ラヂウム卵をお土産に買います。少量なら、一個からでも売ってくれる阿部留商店!ここでもお店のおばちゃんたちが「マラソン走ってきたの?」「すごいわねぇ」と話しかけてくれて嬉しかった。

飯坂は街全体のホスピタリティがとても素晴らしいんですよね。

あとで思い返すと、ここで一個卵買っておいて、コンビニでビール買って鯖湖湯前の休憩所で卵をつまみに飲めばよかったなと思いました。来年の目標です。

飯坂急行で福島まで移動して、ちょうどいい仙台行きの高速バスがあったので「ビールは仙台に着いてからでいいや」と乗り込んで、すぐ爆睡。

高速バスは広瀬通一番町で止まってくれるので、ありがたく近くのクラフトビアマーケットへ…松島に続いて、走ったあとはここというのが恒例になってるかもしれません。

寝起きのビールを、2杯ほど。しみる……おいしかったです。もう毎回頼んでる、鶏肉とパクチーのサラダ+追パクも。 IPAに合います。

f:id:monyakata:20181123133704j:image

f:id:monyakata:20181123133730j:image

帰ろうとすると偶然にもお友達の@hatimaki_createさんにばったり。一瞬再会を祝してもっと飲もうかと思ったけど家に息子が待っているのでやめときました。

 

いや〜、楽しかったですねぇ。ほのぼのしてて。来年も参加しようかな。おばちゃんたちにまた来てね〜って言われたし。

 

さて、これでマラソンはしばらくないです。次は東北風土マラソン(エントリー済み)。こちらはランと食べ物と温泉とビールと日本酒の豪華セットなので、楽しみですね!

走る距離はハーフなので、長めに走れるよう一層鍛えたいと思います。

七十七銀行のカードでお金がおろせて、手数料無料の地方銀行覚書

はい、お給料日です。ここ仙台市では、七十七銀行のATMにはずらりと人が並んでいます。

 

仙台市民なら好むと好まざるにかかわらず、七十七銀行に口座持っていますよね。

ぶっちゃけ七十七銀行ってほんと使いづらい……一番困るのが、手数料が高いこと。ネット銀行や大きな銀行は、条件満たせば何回まで振込手数料無料とか、コンビニATMの手数料無料とか、ついてたりしますよね。それがないの、七十七は。しかもネットバンキングはMacだとChrome使えない。七十七のためだけにSafari起動してますよ。ちなみにスマホアプリもあるけど、どうしてもうまく設定できなくて頭にきて削除してしまった…私だけでしょうか。

ネット銀行に集約したくとも、学校や会社で七十七縛りだったりする(支店も指定されたりする)。

そういうわけで、手数料けちって七十七銀行ATMまでいそいそと行って並ぶ。

町の中ならけっこうATMあるからいいんだけど、中心部を外れると少ない。

 

しかしそんな七十七銀行、手数料無料で一部の地銀のATMからもお金がおろせること、以外と知られてないと思います。時間制限があるけど、これを知っていると多少楽です。

例えば。駅やスーパー、デパートなどで、複数銀行のATM並んでるところよくあるでしょ。毎月25日は七十七銀行のだけ、ずらーっと並んでるんです。もしお金をおろすだけなら、提携の地銀のATMを使っちゃえばいい。

というわけで、提携銀行をまとめてみました。

みやぎネット

提携7銀行は相互に平日8:45~18:00の間、引き出し手数料が無料という仕組みです。

仙台銀行杜の都信用金庫宮城第一信用金庫石巻信用金庫仙南信用金庫気仙沼信用金庫のATMから、七十七銀行のカードを使って、時間内は手数料無料でお金がおろせます。

ただしみやぎネットのマークがないATMは対象外だそうなのでご注意ください。対象のATMにはだいたいみやぎネットのポスターが貼ってると思います。

MYキャッシュポイント

提携3銀行は相互に平日9:00〜18:00の間、引き出し手数料が無料という仕組みです。

山形銀行東邦銀行のATMから、七十七銀行のカードを使って、時間内は手数料無料でお金がおろせます。

東北銀行北日本銀行

東北銀行北日本銀行のATMから、平日8:45~18:00七十七銀行のカードを使って、時間内は手数料無料でお金がおろせます。 

情報源が各銀行ごとに散乱している

たとえば七十七銀行の説明ページでは、「提携銀行のカードのお客様」が、「七十七のATMで」利用できる、という説明です。

七十七のカードでどこの銀行で手数料無料でおろせるのかをまとめて欲しいんだけどな……

他の地銀もだいたい同じような書き方です。

www.77bank.co.jp

 

でもその中で、北日本銀行は「他の銀行のカードで北日本銀行のATMを使う場合」と、「北日本銀行のカードで他の銀行のATMを使う場合」と、ちゃんと両方記述されていました。

ATM/CD利用手数料|金利・手数料|北日本銀行

まとめ

下記の銀行ATMから、下記の時間帯なら、七十七銀行のカードを使って平日手数料無料でお金がおろせます。(2018年11月の情報なので日が経ったら自分で調べてください)

銀行名 平日手数料無料時間帯
仙台銀行 8:45〜18:00
杜の都信用金庫 8:45〜18:00
宮城第一信用金庫 8:45〜18:00
石巻信用金庫 8:45〜18:00
仙南信用金庫 8:45〜18:00
気仙沼信用金庫 8:45〜18:00
山形銀行 9:00〜18:00
東邦銀行 9:00〜18:00
東北銀行 8:45〜18:00
北日本銀行 8:45〜18:00

 

ところで

メディアテークをはじめ、西公園や立町近辺、全然地銀もATMもない。あのへんに出かけた時に、時々困る。

せめてメディアテークと、地下鉄駅には七十七のATM作ってくれないだろうか……

「BORN TO RUN」クリストファー・マクドゥーガル

ランナー必読書らしい。ノラヤに置いてあったのに分厚い本に拒否感を感じて読まずにいた。弟からこの本の出版の裏話を聞き、興味を持って読み始めたら、面白くて止まらない。

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族"

 

走るのに適した民族がいて、そのひとたちがすごいっていう話なんじゃないの?と勝手に思い込んでいたが、全然違った。我々一人一人が「BORN TO RUN」であるという話だった。

多くのランナーは距離の長短に関わらず、体が故障する。足とか膝とか。私も経験がある。そうなると走るのを休まざるをえない。

著者は足のトラブルを抱え複数の医師にかかり、「足によくない」「走るな」と言われ落胆する。

走ることは足に負担だ、体にも負担だ、そういうもんだと思っていた。トラブルと向き合いながら、直したり鍛えたりしてみんななんとかやっているんだろうなと思ってた。 

ところが、メキシコの奥地にひっそり暮らす「タラウマラ族」は、走ることが日常だという。体を壊すこともなく、足が痛くなることもなく、ものすごい距離を走る。子供も年寄りも男も女も…とにかく走る、飛ぶように走る。舗装もされてない上り降りの山道を。

「ララムリ(走る民族の意)」とも呼ばれる彼らの存在を知った著者は、その秘密を知りたくて会いに行く。外界との接触を避けて来た彼らと外の世界との接点となる謎の人物、カバーヨを探しあてる。カバーヨと会った著者は、カバーヨの考える世界最強レースの開催に協力することになるのだった。世界のウルトラランナー達をはるばるこの秘境に呼んで、タラウマラ族たちと競うのだ。果たして彼らは来てくれるのか?そしてレースの結末は。

出てくるウルトラランナーたちがとても魅力的に描写されている。はっきり言ってみんな変わり者だ。特に「パーティー・キッズ」の若い男女ランナーの繰り広げるドタバタが面白い。一瞬なんの本だっけ?と思ってしまうぐらいに。

またやはり驚いてしまうのが、走ること、とりわけシューズについての研究解説の部分だ。ざっくり言うと「高価なランニングシューズは足のトラブルを招く、裸足で走るべき」。タラウマラ族がほぼ裸足で驚異的なスピードと距離を走ってトラブルがない理由の一つはこれではないかということだ。

人間こそが他の動物に比べて走るのに最適化されている生物だ、というのも驚き。人間なんて哺乳動物の中では運動能力で劣る方だと思ってたのに。

まぁ、この本だけで判断するのはどうかと思うし、BORN TO RUN以降もハイテクな高級ランニングシューズが次々生まれていることからすると、多分シューズはある程度は必要なのだろう。

最強のレースがどうなったのか、そしてその後ウルトラランナーたちは、カバーヨは、タラウマラ族はどうしているのか。それは本を読んだあとググっていただきたい。

とにかく全世界に衝撃を与えた本らしい。

これを読むと、いっそう走りたくなる。だって希望が出るじゃないか、「BORN TO RUN」だなんで。長距離を走れるのは、能力を持った人だけの特権だと思ってたのに。

そしてやっぱり、いつかは、裸足かそれに近い状態で走るのを試してみたい。平坦な舗装道路じゃなくて、トレイルランニングも体験してみたい。ワラーチのランナーを見かけたことがある。あれは上級者でないと無理で、初心者はダメなんじゃないか、と思い込んでいたけど、そういうわけではないのかも。

この本を読んで以降、走るたびに、着地の仕方とか、歩幅とか、人間の呼吸が走るのに特化してるとか、この本で出て来たことが断片となって頭をよぎる。それで実際前よりちょっぴり速くなってしまったので驚いた。足の使い方が変わったかな。

まぁ、そんな特別速くならなくてもいいから、笑いながら、軽々と、飛ぶように、走れるようになってみたいものだ、私も。

 

走ることについての本としてもう一冊、有名なやつを今読んでいる。

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 

 

チャーハンとオムライス

最近、このブログはビール報告ブログになってしまっているのではないか。ちょっと違う話題も書こう。

 

今日は、チャーハンとオムライスを短時間で作るコツについてお話したいと思います。

 

家事にかかる時間を把握していますか。してなかったです、私は。皿洗い、おかし作りなど、意外に「めんどくさい」と思っていたもの。ある日時間をはかってみたら実は思ったより短時間でできると知りました。とたんに気が楽になるものです。

さて15分でできる料理を持っておくと、15分で作りたい時に便利ですね。ちょっと日本語おかしいな。

まぁとにかく、我が家の場合、15分ってコンビニ行って買ってくるより早い。つまりコンビニいくよりめんどくさくないのです。

そしてその料理とは、チャーハンとオムライス。このふたつは、カフェでアルバイトしていたおかげで(コツを)習得しました。

チャーハン

チャーハンは誰が作っても工程はそんなに変わらないですよね。具を刻む、卵を炒める、ごはんをいためる、具を入れる、味付け。

チャーハンのポイントは大きく分けて2つ。火加減と味付け。

あと前提条件として「ごはんは温めておく」「フライパンは強烈に加熱できて軽い中華鍋か鉄で」(テフロンでもできないわけじゃないが)

(1)火加減

バイトしていたカフェは業務用の強い火力。家庭用ガスコンロはそれに劣るけれど、火力を最大にし(センサーがついていたら解除スイッチを押します)油を多めに引いてカンカンに熱します。あつあつの中に卵をドバーッといれてすぐうごかしすぐごはんをいれすぐまぜます。

とにかく火加減は最大のままです。

(2)味付け

味玉(ウェイユー)か創味シャンタンを使います。一人分に対し、ティースプーン半分ほど。いうまでもなく中華スープの元です。 

ユウキ 化学調味料無添加味玉 300g

ユウキ 化学調味料無添加味玉 300g

 

 

創味シャンタンDELUXE 500g

創味シャンタンDELUXE 500g

 

 そしてなじんだら、ナンプラーをぶっかけます。これで塩味をつけます。

ユウキ ナンプラー 70g

ユウキ ナンプラー 70g

 

 最後に胡椒を少々。

のんびりやっていると焦げる火力なので、フライパンに火をいれる前にすべての調味料の蓋は外して並べておきます。ウェイユーまたは創味シャンタンはあらかじめ削ってスプーンにとっておいたほうがいいかもですね。

チャーハンの味付けにナンプラーを使うようになったのは、平松洋子さんのエッセイの影響。

オムライス

さてオムライス。こちらはちょっと前提条件が違う。

(1)前提条件1

f:id:monyakata:20181024102826j:image

暇な時に「チキンライスのもと」を大量に作っておく。

これは、みじんぎりにした玉ねぎ、マッシュルーム、チキン(スライスしたハムまたはベーコンまたはソーセージでも可)を炒め、トマトビューレやケチャップでくつくつ煮てちょっと塩味強めに味付けしたものだ。これをラップに少量ずつくるんで冷凍し、必要に応じてレンジで解凍する。

(2)前提条件2

フライパンが2つ要る。なくてもできるが、途中で洗う必要がある。

では作り方。

(1)工程その1

チキンライスを作る。チキンライスのもとを泡立つくらいに熱したバターで炒め、ごはん(暖かい)を投入。このごはんは、炒めるというよりなじませるので火がそんなに強くなくてもいい。均一に味がついたら火から下ろし、できたチキンライスをレモンみたいな形になるようフライパンの片方に寄せておく。(フライパンが一個しかない場合はチキンライスを別の器にあけて、フライパンを綺麗に洗う)

(2)工程その2

卵を3個。多いほうが失敗しない。バイトしてるカフェでは4個使っていたが一般家庭には多すぎ。ほどほどにほぐし、塩胡椒しておく。

もう一つのフライパンをカンカンに熱する。こちらはテフロンでいい。あまり熱するとよくないらしいのでほどほどに。バターを多めに入れる。15gくらい?加熱するとさらっとして茶色くなってきてこんがりした香りが出てくる。その火力のまま、卵をいっきにぶちこんで、フライパン全体を使って大きくヘラでかきまぜる。茶色のバターを卵と同化させるかのように。このときフライパンも振る、というか水平方向に回す。まだ生ではという気分の頃に半分に卵を寄せ火を止める、余熱で十分。卵を入れてからここまで多分1〜数分。寄せた卵に、チキンライスを乗せ、フライパン側部のカーブを利用して皿に返せば、綺麗なオムライスのできあがり。

 

バイトしたカフェで作っていたのはオムライスだ。看板メニューだった。なんども練習しダメ出しも食らった。一番難しかったのは「卵に火を通しすぎない」、つまり作業にもたついているとダメなのだ。

あのとき業務用コンロの強火力でフライパンをためらいなく熱して卵を瞬時に料理するということを身につけて、それをチャーハンに応用したら短時間でおいしくできるようになった。

飲食店バイトは低時給だしやるべきではないみたいに言われるが、こうして一生ものの調理スキルが手に入るのだったら、お得とすら思えてしまう。安く、おいしいものを得られる自炊スキルは、最高だ。 

そして息子にも絶賛される。

やっぱりスピード料理で量多く作れる(そして炭水化物メイン)は、男子の心を惹きつけるのだ。よきかなよきかな。