仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな46歳、高校生男子の母。

どう書く「開いた口がふさがらない」→「?」

先日投函されていたリビング仙台の記事の中に
ボルダリング(室内のクライミングの一種)の体験記が載っていて、こんな表現があった。

(先生役の人が腕前を披露するのを見て「すごーい」と)
開いた口がふさがらない様子の2人。

ちょ、ちょっと待て。
開いた口がふさがらないって、通常「あきれて」とか「あまりに酷くて」とか、マイナス評価の状態に対して驚き呆れる表現では?まったく、も〜開いた口がふさがらないわ〜!

…と、批判だけなら誰でもできる。ここで終わってはいけない。じゃ、どう書けば一番伝わる?文字数も同じくらいに抑えないといけない、と。
背景:2人はミセス。この後、ボルダリングに初めて挑戦する。

  • ひたすら感嘆の声をあげる2人。
  • ただ見守るしかない2人。
  • 頬を上気させくぎづけの2人。
  • 2人からは賞賛の声が止みません。
  • 2人からは驚きの声があがりっぱなし。
  • 尊敬の眼差しで感嘆の声を送り続ける2人。

うーむ、しっくりこない。「すごーい」のを見て、私もこれからやるのよ、できるかしら?という気持ちが伝わらないといけないよね。20文字未満で。

…あなたなら、どう書きますか?