仙台広瀬川ワイルド系ワーキングマザー社長

ビールと温泉と面白いものが好きな高校生男子の母。

遠野じんぎすかんマラソン & 遠野ホップ収穫祭に行ってきた 【遠野ホップ収穫祭編】

これの続きです。 

monyakata.hatenadiary.jp

 

温泉からバスを降りて、まずはマラソン参加賞のチケットを使いビールを。

遠野醸造ペールエール

f:id:monyakata:20190830213820j:plain

青空にビールが映えます!

首にホップの手ぬぐい(去年の収穫祭で買った)を巻いてアピールしていたら、ブースにいた袴田さんに「似合いますね」って褒められちゃいました。

 

ラソン走った直後っていちばんビールが美味しそうだけど、正直あんまり飲みたい気分にはならないんですよ。食欲もあんまないし。交感神経優位だからでしょうか?

終わったーという満足感がじわじわと体を満たすにしたがって、リラックスして、食欲もビール欲もわいてくるのです。そこをさらに温泉であと押しするのが私のお気に入りパターン。

………というタイミングで、飲むビール。最高です。

「この一杯のために走ったんだ!」

と心から思える瞬間。

 

ビールを飲みながら、遠野醸造taproomに移動しました。

いうまでもないですが遠野醸造はこちら。

tonobrewing.com

こちらで、とある方と待ち合わせをしていたのです。SNSではやりとりをしていたのもあって、たいへん話が弾みました。

遠野醸造では

IPA

・しおツェン

を飲みました。

IPAを飲んだ時、最初に飲んだペールエールより苦味が弱くまろやかに感じたのが不思議でした。一緒に飲んでた方にそう言うと「ビールの味は状況や提供方法によっても変わりますからね」と頷いてました。やっぱりビールは生き物です。

 

お腹が空いていたのでカレーも食べたかったのですが、この時ごはんがもうなかったみたい。残念!

パドロン素揚げ

・ハカダミアンナッツ

を、いただきました。どちらも、ここでしか食べられない味です。

カウンターにはツアーで回っていたらしい方もいました。一年前の私も、ツアーで初訪問だったなぁ、と思い出しました。

明るいうちのビアバーの雰囲気、好きです。

 

その後、ホップ収穫祭の会場にまた移動し、2杯ほど飲みました。

murakami SEVENがおすすめとのことでしたが、売り切れ。くう、仙台だとどこで飲めるのやら。

「ビールは昼に飲むのが正しい!」など言いながら、青空を仰いで、ぐびぐび。最高にいい気分でした。

 

……たくさんビール飲んで、帰りほぼ正体をなくしたままなんとか電車に乗り、新幹線にも乗り、乗り過ごすことなく、仙台で降りて、半分寝たままバスに乗って自宅まで帰ってきました。

正直ほとんど記憶がないのでよく戻ってこれたなと思います。

 

で、翌日二日酔いで夕方まで死んでて、ほぼ丸一日ものが食えませんでした。

「マラソンの後ビールなんて、酔いが回って余計だめなんじゃないの」って親にも言われたけど、大丈夫大丈夫自制するから、なんて言ってて、ぜんぜんダメだったですね。反省しかない。

 

あっ、でも、これ書いてたらビール飲みたくなってきたなぁ。

 

遠野は祖母の墓参りを兼ねて、近いうちにまた訪れる予定です。